右足の痛み、濃密に吉報取りをしました。本門寺では日蓮上人のお力を得ました。

相変わらず、右足が痛む。以前に比べると痛みの質が変わって来たような気もするが、K整体師の方を頼るのは常套手段であるが、自分に対して悔しいのです。

 

だって自分が原因でしょう。それで今までどれだけ体にお金をかけたか、惜しいのではなく、自己責任ですから、何とか自己で当体患部を構成している細胞集団に話しかけ、克服したい。それが細胞集団の回答が又厳しい。先祖が絡み後日お話しします。

 

昨日のスーパーへのウォーキング、改善の様子は伺えるが、土日曜日の知的障害のお婆さんのお世話から帰り、朝食と昼食を兼ねて食事をした。

 

パンは勿論、自家製。ピーマンにとろけるチーズで、それとリンゴの甘酸っぱく煮たもの、コーヒー(私はいまだにコーヒーの良さが分からない)、仏壇へのお茶、服薬、血圧測定といつものルーティーン。それに洗濯をしました。

 

このところやたらに動物性タンパク質を求めるように体が要求しているか、それが食べるが今までとは違う。意識は要求するが、身体が受け付けないという現象がある。

 

それが健啖家の私としては体が「もういいよ!」と言っている。年齢からかと戸惑うが、これも年齢による変化かとむしろ訝る。はっきりしないで気がかりである。

 

恐ろしいのは「やってしまった!」久し振りである。

豚汁を温めて食べよとしていたが、火をつけたまま焦がしてしまった。何か焦げたにおいがしたが直ぐにそういう発想が浮かばない。

 

それを防止するのにタイマーを常時携帯しているが、それでもこうなるのが怖い。

それは年齢によるものなのか。衰えなのか。

 

防止策は見ました?。

キッチンの備忘録の多さ。アーして防止策を施しているのですが。それでもね。

 

今、連絡が入り、長崎から不動産業者のご夫婦がやってくる。大田区で不動産購入の相談とのことで、既に30年以上のお付き合い。億単位の取引でも何ら問題が起こっていないので頼りにしてくれている。

 

早速、東京に来る日と購入する不動産との方位をみて、宿泊のホテルを指定した。息子さんが市会議員選挙に立候補の予定だそうでその相談も兼ねている。

 

今回には新しい相談者を伴うとのこと、私は前もって生年月日と出来ればイメージを広げたいので観相、PCで会話をした。

 

どうも気になるのは肝臓当たりに闇(癌?)がある。

細胞集団に問いかけているが、今回は身体の相談ではないようだが不動産業者に言うべきかどうか迷うところです。

紹介される事の難しさですね。この方との今後の関わり方次第ですね。どうも「縁」という点では線が細い。「欲」が強い。

 

今日は流石(足の痛み)に吉方取りで池上梅園(西)に行きました。私自身がこんな状態ですから。

そうすると池上本門寺では何かイベントが、大坊という日蓮が入滅の寺ではさずがに強いむしろムーンという激しいものを感じました。日蓮の気性ですね。(本門寺周辺には寺はたくさんありますが、大坊は迫力が違います)

 

それから右足が力が入らないのに97段でしたか?頑張って昇りました。「上人!どうかこの階段を昇りきり、お力をお与えください(有難いですよ。涙が出ました)と唱えつつ昇りました。

 

上人は激しい性格で他宗を排除しようとしたのはキリストと同じで(創価学会も同様)気性が激しい。同じ道と歩むのですが。池上本門寺の山門の階段はパワースポットですよ。

 

ぐるっと多くの墓の前を通り過ぎ、自宅へと一時間たっぷり、歩きました。

 

そう!気になったのは浅草のAさん夫妻です。上野広小路の摩利支天、徳大寺に奥さんを連れて行ってください。

 

とてもパワーがある寺です。Aさん自身のご商売にもよい影響があります。

 

気になるのは大森のSさんです。同じように徳大寺に行かれているようですが、今は一番大事な時期(意味をお伝えできないのが残念ですが)ですから12月吉日をお知らせしますからブログを見てください。ご縁がないですが、もしくはメールします。