20日の自民党総裁選挙です。結果がわかっていますが人物比較してみました。

f:id:bunsanjp:20180917181444j:plain

 

f:id:bunsanjp:20180917181516j:plain

20日の自民党総裁選挙ですが、結果ははっきりしていますが、その日の運気を安倍晋三氏と石破茂氏の見てみました。

 

まず石破茂氏は運気にも見放されていますね。実にこんなダメ人間は始めてみました。

総裁選ですよ。何か良い所があれば緊張感でもあるのでしょうが。

比較にならない。記者クラブでの討論会見ました。大人と子供の討論でしたね。

 

政策などは置いといて、私の得意分野で運気からの見方をすると、20日当日は石破茂氏はその日の運気が。やっぱりというのが、こいつはバカです。こんな鈍感で自分が見えないバカは見たことがありません。金がないだけ鳩山レベル以下です。

 

暗剣殺という九星(きゅうせい)方位の中で最も不吉な方位。これを犯すと命を失うという。

暗剣殺と言う言葉を聞いたことはありませんか。九星気学では災いをもたらす方位の名前です。運が悪ければ、最悪の結果になるとも言われています。暗剣殺は方位だけではなく、その宮に入った九星にも災いをもたらすのです。

 

ほとんどが他から受ける災い(他動的)な上、その災いは繰り返し起こります。暗闇でバッサリ他人から切られるかのように、災いは素早く現れるのが暗剣殺の特徴です。

 

本来ならばこの星が在位している場所の象意は「父親の場所」で社長、上司、夫の場所です。そして「やり手、何かをするときに良い、仕事のエネルギーが強い」という場所なんですが、それが暗剣殺という不吉なものがついていますのでその効力はゼロです。むしろマイナスです。

 

もう一つ自身を表す場所がこれも今の石破茂氏を物語っているのが皮肉です。

それは「感が冴える=判断ミスにつながる。他人の意見に如何に耳を傾けるか」

「潜んでいる物(こと)が表面化する」下衆(げす)なプライドが邪魔をしていますね。

本当にこの人、鈍感で周りが見えないですね。だから出馬したんでしょうね。まともならしませんよ。

 

安倍晋三氏は20日当日は謙虚でなくてはならない。自身を表す星の位置は「対人関係」「人事(人の世話)」というのが20日当日の運気です。

 

特に良い運気とはいえませんが、何事もなく、ただ謙虚な姿勢は大切で奢ると潜んでいる物が表面化し、反乱(利害だけで支持している)分子が潜んでいるのが表面化します。気が短く、切れるタイプなのでそれだけが不安要素です。

 

9月の運気を見てみます。結構激しい性格の人です。切れやすいのが欠点。9月はどちらにしても「過去の動きの結果が出る」という、まさに総裁選の筋書き通りな運気の流れです。

 

これもまた不思議な大きな「力」が働いています。これからは世界の中心は日本です。

ですから日本の経営者は考え方をグローバル何て流行りません。個性、独自性、想像力です。変人、奇人の時代です。トランプさんを見て下さい。一時的にしてもそうした人が出現するという時代です。と「天の啓示」です。内向きでもいいんです。「極端」の時代です。この件に関しては後日詳しく。

 

石破茂氏の9月の運気は見る気もないのですが、9月は筋書き通りで過去の動きの結果が出る。もう一つ自身を表す星が「暗い陰のイメージの場所」に在位。人が去っていくという「良くない出会い」の場所に星が在位しています。まさに物語っていますね。

 

やはり日本を引っ張る人の一方には光が当たり、一方にクズ人間(だって人としても政治家としても問題があります)には暗闇しかないのが、こんなにはっきりしているのも珍しいですね。

 

これ鳩山(そのうち極右翼に)、小池、石破茂廃棄物処理が出来るのではないでしょうか。あえて言うならば舛添(もう終わりか)もそうかな。

 

私の永田町からの問い合わせに答えた通りになりました。今度はアメリカ大統領選挙をお楽しみに。

 

これから総裁選後の参院選挙の問い合わせが多くなります。

 

但し中国の習近平だけは分かりません。中国は氣學の起源の国ですから彼らは生年月日を二つ以上持っています。

私もそうしています。だから真実を皆さん分かりません。

 

他人に自分を悟られないようにそうしていますので占っても、「おや?何か変だな」となります。