出会いの期待、ハリケーンの心配、久しぶりのホームパーティー。

f:id:bunsanjp:20180913100110j:plain

上に方からもう一度素晴らしい(とは言わなかったかな?)出会いがある。と言われて周囲は何でもかんでもそうした見方をしてしまう。

 

それが本音ですよね。今朝もスーパーで毎朝同じ時間に出遭う女性がいます。近くに立派な建物が出現したので「この建物は何ですか?」といつも会うので地元の方だろうと尋ねたのがきっかけですが、スーパーに行く度に挨拶をするようになり、今は余りに暑いので椅子に座って並んでアイスコーヒーを飲んで初めて会話をしました。

 

相性に良い人は「星」を見なくてもわかるんですよね。彼女も会うたびに勝手な思い過ごしかもしれませんが出会い当初よりも普段着にしては口紅をしてくるようになりました。

 

私が馴れ馴れしくしてはと、特に目線を避けていましたが、会うと挨拶をしてくれます。

でも問題があります。余りに若い!恐らく30代でしょう。でも出会いは出会いですからね。

これはないでしょう。男女と言う意味では。声かけしてどういった展開になるかという期待もあります。

 

考えるとゴルフではあの女性は「イヤイヤ無いな」とかイタリアンレストランではあの人は「イヤイヤ無いな」などと考えを巡らすが誠に勝手な想像でしかない。

 

でも実に面白い想像を巡らす。今はと 想像の翼を広げる言えますね。

天は何故そうしたことを私に課すのか(凡人はその気になってしまいます)。出会いとは別に男女とは限りませんが。私の縁というのはいい悪いではなく女性が絡みます。

 

勝手に私が母を夭逝し、女性に「母性」を求めます。最初の妻もそうでした。その後の方も殆どそういった欠落した心を埋める役割の女性でした。

 

こうしてブログを書いている間も私はTVはつけっぱなし、ニュースと時代劇が殆どですが、特にBSのワールドニュースを見ます。

 

それでアメリカにかなり強烈にハリケーンが向かっているらしく、進路にある住民が避難をしているという。日本人は自国でも災害で苦しんでいるのでアメリカどころではない。(日本ではハリケーンのニュースは殆どない)

 

その進路の地域の名にサウスカロライナノースカロライナなどというのが耳にキャッチされた。

 

心配なのがノースカロライナのK子さんとそのご家族である。

丁度9月の暦をスキャンしてばかりで受け取ったという連絡は入らないのでワールドニュースでのハリケーンのこともあるし心配した。

 

その夜は仕事が縁でベルギー、オーストラリア、英国の友人と日本人を含めてホームパーティーがオーストラリア人宅で催された。その場でも日本の台風と地震の話題が。

 

11日でした。そのパーティの最中、ずっと気になっていたのが「焦げくさい、埃っぽい」のである。余り気になったので主催者のご主人に告げると一応調べても問題ない。」

 

でもまだ、臭う!私が気にしている様子を奥さんが気にしている。私の奇人、変人ぶり(好意的)はご存じで、とうとう友人の一人がTVの画面を指差して私に丁度9/11アメリカの同時多発テロ事件で未だに夫の遺体が戻らない。その奥さんをリポートしていた番組をやっていました(検証不可能な遺体がまだあるらしい)

 

皆さんは「ミスター川嶋!そうだよきっと!」と皆さん頷いていた。

私の仏画もそれに潜む心(魂)、それと感が鋭いところを知っているからの異議を唱える人はいなかった。

 

この集まりでは私の「仏画」を同じ広告会社の関わりから知り合いになり、リスペクトしてくれている。又外人なのに発言(陰陽師としての)も受け入れ、批判する人がいないもの面白い。

 

むしろその興味はリスペクト(尊敬)と同じようであるが「オマージュ」で尊敬しつつも取り入れるという日本では模倣、真似、ネットでは「パクリ」などと言いますが、彼らは才能(個性を重要視する)を素直に認め、取り入れる(受け入れる)その意欲は私が尊敬しています。

 

でもハリケーンの影響がどうなのか、ワールドニュースでは既に避難をしている家族が多いそうで、ノースカロライナのK子さん家族が心配です。