最近自身に大きな変化が。役割が重くなってきた。

f:id:bunsanjp:20180818142632j:plain

<暑さには勝てず、部屋の空気を循環させるため扇風機を買いました。レトロな雰囲気が気に入っています>今は何でも最後の買い物と考えてしまします。

f:id:bunsanjp:20180818142531j:plain

<マーボー茄子、酢豚を作りました>しっかりした味が欲しかったので。

 

こんな不思議な出来事があった。

きっかけは、ノースカロライナのK子さんの息子R君の体調が何となく不安感(実は子の感覚は表現のしようがない)を抱いて日本に里帰りするに当たり、「御先祖に健康で健やかに過ごすことをお願いしてください」とMailしたことによる。

 

日本へ帰郷は余り良くないと伝えていた通り気象条件などの影響でまともには行きつかなかった。そして帰国後R君ががやはり泌尿器系の手術したという。

 

私が言いたいのは私の役割である今までの氣學を基本した、ある方の指導による映像がより鮮明なって来たことでそれによる人、事象、現象界(人間主観的形式によって構成された対象からなる世界ということである。そして人間が認識をすることが可能なのは、現象界とするもののみに限られる)。

 

そのことで又こんなことがあった。

蒲田駅前のゴルフレッスンに8月3日金曜日にいつもと通り、予約の14時より5分前に着きました。

2階が私の定席、そこに向かう時、事務所を通る。今までは社長という方がいつも座っている椅子に姿の一部が見えた。入院したと聞いていたにで恢復され、復帰されたのかなと思いながら、階段を上ると事務所の全景が見える。いつもはじっくり見たことがない、

 

何気なく社長が座る椅子と事務所全体を見渡すと椅子には社長の姿はない。

それも特段、気になったわけでもない。でも全体をじっくり見渡したのは初めてでした。

 

そしてレッスンを受けている間「社長はその後、如何なんですか?」と尋ねたのも一つの礼儀みたいなものであった。

 

すると「T医大病院から、担当医の紹介で目黒の病院に移りました」とそれも私は何故改めて尋ねたかは事務所に座っていたので復帰されたと思っていたが、あの椅子に座っていたのは、はたして誰だったのかというのは何となく曖昧な気分のままであった。

 

確認はしなかったが、社長が入院し来なくなった代わりにプロの義父が来るようになったのだが、又それが不思議でレッスンを受ける方が皆さん、社長と言われる方と義父がそっくりなのが又気味が悪い。そうしたことで私も納得してしまった(何の血縁もないという)

 

当日はプロの義父は来ていなかった。

 

その後のレッスンで分かったのは8月3日にその姿を見た方が、実はその日に亡くなっていたのでした。

 

恐らく、仕事が気になり意識が事務所に、そしていつもの席の座っていたのでしょう。

 

プロもそれを伝えるるとその間の3日当日の私の言動をしっかり覚えていたので「凄いですね。不思議ですね」とお互いのその出来事はレッスン中、この話題は終息に向かうことはなかった。

 

私がなぜこうした話しをするようになったかというと、こうした自分の意識が著しく変化してきたことです。それも昼夜問わず(夜は瞑想という時間を設けていた。又それなりの世界観を単なる知的な理解にとどまらず)味わっていたのだが、この世に存在した役割というか内容が深くなると責任が重い。

 

これが弟子や相談者が言う。「御代理様」(実はこのなの経緯がはっきりしない。いつしか皆さんが言うようになった)と言われる所以であろう

 

そうした意味で今後の役割が重くなって行く為にも長生きしなければ。

 

最近の医学的知見からいえば、様々な病気や老化の元凶は「酸化」と「糖化」にあります。

 

それには”食”ですね。まず飲みに行かなくなったので「食」に掛けられる。それにウナギです。ウナギなど回遊魚に多く含まれている。

疲れや肩こりの解消に効果があるビタミンB1が豊富で夏バテ防止の代表格とされてきた。

 

それと同じ回遊魚のマグロとカツオも多くのガルシノンを含みます。

でも魚や肉は高温で調理すると、AGE(老化や様々な病気をもたらす。終末糖化産物)が大量に発生します。

 

魚は生食が出来ますから、出来るだけ生で食べて下さい。マグロは絶対に刺身がおススメです。

 

牛肉や豚肉を食べる時は、しゃぶしゃぶにする。

オリーブオイルは「老けない食品の王様」です。主成分であるオレイン酸は強力な抗酸化作用があり、動脈硬化を防ぎますから、動脈硬化も防ぎますから、脳梗塞心筋梗塞の予防に繋がる。

オリーブオイルは「老けない食品の王様」です。消化の速度が緩やかになる。中でも酸度が低くエクストラバージンオイルはより強い抗酸化作用、抗AGE力があります。

そのまま飲むことが良いのだが、おちょこ一杯程度飲むことで、アンチエイジング効果が期待できる。

 

料理用は安価なものを使うようにしている。でも、サラダオイルに比べると値が張る。

 

今朝早速、牛乳を豆乳に代えました。応分が添加されている商品も多いので購入時が成分に注意を。必ず無調整の豆乳を選んでください。

 

赤ワインは動脈硬化を防いでくれます。白ワインは3カ月に飲み続けると、体重減少に加え、体脂肪や血圧の値が改善されたという研究があります。

 

白ワインは糖質の少ない辛口がおススメです。

 

私は毎朝のパンは自家製です。殆どスーパーなので売られているパンはイースト菌の効果を強めるためにイーストフードという添加物を加えています。

 

私はドライイースト菌を使用していますから、焼き上がるまで4時間維持用掛かります。

イーストフードのないものを選んでください。添加物が少量であれば大丈夫という考え方はむしろ危険です。イーストフードとドライい―ストは違います。

 

チーズも自然の牛乳を固めたナチュラルチーズと過熱した上で乳化剤などの添加して成型したプロセスチーズと別れます。加熱すると乳酸菌は死んでしまいますから、ナチュラルチーズの方が断然いい。特に、モッツァレラはAGEが少ないので早速今朝から頂いています。

 

要するに。

①加熱調理は避け、生で食べられるものは生のままで食べる。

②少し値が張っても安心できる食品を選ぶ。

③糖分が多いものは避け、炭水化物の摂り過ぎに注意する。

加齢に伴い酸化や糖化は確実に進み、AGEは少しずつ体内に蓄積されていきます。