隣のいるのは美人がいい。

最近の傾向、何故か怪我が続く。そして時計が電池切れで電池交換の気もなくそのままにしている(あるのは機械時計、以前のようにシビアな生活をしていないので大まかな時間さえ分かればいい)。暑さのせいで出かけるのはゴルフレッスンと買い物以外は億劫で、数百メーターのコンビニすら行く気がない。

 

実は考え方が変わりました。捨てるには惜しいので消耗したら次に買い求めない。時計も服もそうですが使い古したら買い求めない。あるもので賄う。それがあと数年かどうか?減ることはっても増やさない。食べること以外は。

 

それでもゴルフは汗をかくのでその後のシャワーを浴びることの爽快感は格別である。

やはり何よりもストレスの解消に繋がる。もう!飲みに出かける気もない。

 

飲みに行く場所も極々選んで居心地の良い所を探したので1~2店で充分です。美味しいものを求めて行くのに不愉快な人間関係が発生するのはもう!たくさん! 人間関係が発生するので面倒くさくなった。

 

叔母のところを整理するのにリサイクルショップをしていた前妻に処分を依頼しようと思い、久しぶりに改装したというBACCOに出向いたので誘ってみた。

 

でもいつも後で思うのですが、後悔するんです。外見はいいのですが、精神が自分本位ではやり、知的ではないですね(英語はペラペラですが)。いい人の面もあるのですが、それだけ。

知識の引き出しが少ないので判断材料不足、いい例が大の小池百合子ファン!小池百合子支持者は共通項があるんです。薄っぺらで見て目だけで判断するという傾向がある。

だってもう「死に体」でしょう。小池側から都知事選挙を求めているという。地方自治体の長というのは国会議員と違い忙しいのです。それが小池氏は当てが外れたのでしょう。

 

情報(知識)不足なのに分かったようなことを言う。私も面食いなのですが顔だけじゃないですね。

でも私は隣にいる女性は美人じゃないと嫌です。

なかなかいません。形よりも知性からくる雰囲気かな。それはあらゆるものを補う。でもいませんよ。好みの女性は。そうなると最初の奥さんを大切にすれば良かったと反省と後悔をしています。美人でしたね。