日本代表を率いる西野朗監督を占う。何かを持っている人として興味があった。

f:id:bunsanjp:20180628071325j:plain

氣學とは「人間諸般の運勢と大気(大自然)とは密接な関わりを持つ」との考えに根を置き大気には、人がこの世に生を受けてから常に影響を受け続ける。

目に見えない時々刻々と変化する「氣」(エネルギー)が存在すると考え、その「氣」の種類・性質を探求することによって、人々の幸福に役立てようとする思想であり、その具体的手段としての占術であるといえます。

「氣學」は中国5000年以上の歴史からなる学問(運命学)であり、」経験値に基づいた統計学です。

生年月日を重要視するのは、個々人の人間的特質は、私達はこの大自然の氣に触れ、母親の胎内から生まれ落ちた際に、産声を上げ初めて吸い込む人の氣によって形成される。初めて呼吸した瞬間からその性格や運命に大きな影響を与えられ、それぞれ一生を歩むといわれます。人間には様々な概念を学習や経験によって習得するのではなく、生まれた時から既に備わっているという生得説に従っています。

 

大手広告会社の依頼でスポーツ誌からの依頼ということで現サッカー日本代表監督FIFAワールドカップロシア大会で日本代表を率いる西野朗監督を占う。

 

特にサッカーファンではない私自身もJリーグ1部の監督として通算勝利数270は歴代1位である西野朗監督は何かを持っている人物ではないかと気になっていた人である。

 

曲折を経て日本代表監督になったことでより興味を持った。

 

西野朗(にしのあきら)<1955年/昭和30年4月7日>

 

◆基本として

争いを好まず穏やかな気質。明るく爽やかな社交家。忍耐強いが問題を避けて通る傾向がある。律儀、真面目、融通が効かない。

 

◆病気

髪・腸・気管・食道・動脈

 

◆四つの星が見えます。

一つ目は自尊心と独立心の星。文系、独立、孤独、独断的に成りがち。意志が強い。次男、次女の星。家を離れる。人と肩を並べたい。

二つ目は財に恵まれる運気。墓守をする(次男のようであるが、長男の役割、動きになる)

三つ目は英雄色を好む。男性に作用する。エネルギーのある人。寝坊である。

四つ目は滅多にない星。落差が激しい。穏やかでない。何が起こるか分からない。芸能人に多い。怒ると切れるタイプ。

この星を持っている人は半端な強さではない。ですから日本代表監督となり、幸運と見える結果を導き出す。そういったものを持っている人。

 

◆一つの文字が浮かびます。「大器」という文字ですが、見かけは穏やかですが、内に秘めたものは全く違う激しさみたいなものがあるのでしょう。

 

*運気もまさに上昇運、この4年間は急上昇、特に今年戌年は運気では頂上に位置しています。その後も4年間は安定期になります。

 

でも4年前は衰運期(俗に言う大殺界、天中殺)を経て、今日のチャンスを掴むべき上昇運を迎えたのでしょう。恐らく<年>では辰、巳、午年は悶々と心の中で大いに思い悩み、悩む様子を外面にあらわすことなく、内心でじっと悩み苦しんで耐えていました。

 

<月>では4月~6月は同じくじっと耐えていたのでしょう。

 

◆総じて

「麗」とし「華やか」とします。

美しく華やかということが象意となります。物事に譬えますと、化粧する、着飾る、装飾するなど、物を飾ることとなります。

*本来の象意は「離(別れ)」です。

 

方位によって陰が集まり始まるところで離と合では「離別」の方は強く作用することになります。

 

方位によっては良い人物や事柄が集まってきます。その反対の悪い方位を用いますとその人に益をもたらさない嫌な悪い人物、事柄と離れる作用が生じる。人との縁が切れることになり、また夫婦の離別、後援者との断絶を意味します。

 

さらに「明らか」、事柄に白黒つけると言うことがあります。

 

「盛ん」であり、火が燃え盛っている状態。

「頭脳」であり、良いアイデアが生まれる。

 

色では紫であり、高貴、な色となります。高級、高貴(社会のおいては名誉)となります。

 

「火」であり、火が次から次えと燃え移っていきます。燃え移っていきますから、二度目の方が多き影響を受けます。

 

◆運勢及び性格

一般に中年運で、中年に成功のチャンスやきっかけが生まれます。情よりも頭や理屈で割り切ることが好きです。

 

・調子がよく、おだてに乗りやすい性格です。

・熱しやすく冷めやすい性格また凝り性で、駄目だと思えば止めてしまいます。

・移り気で、気分に起伏があります。

・見栄っ張りで外では陽気に振舞いますが、家の中では節約家で細かいところがありますが金銭的にはなかなか縁がありません。

・気が大きく強気に見えますが、些細なことでも気にし、常に心労が絶えません。

・好き嫌いが激しく、嫌な人には言いにくいことでもはっきりと言います。

・人から物事を教わることが下手ですが、教えることは上手です。

・直感が非常に優れていますが、表面的なものからの判断であり、勘違いや誤解したりすることがあります。

 

◆運勢の良い人

・頭の回転が速く、良いアイデアや美的センスがあり、学者や芸術家タイプの人に多く、意外とおっとりした性格に見えます。

・人のちょっとした動作で見抜くことが出来ます。

・理論的に判断しますが、人に対しては人情味があり、気持ちを察して行動します。

・能ある鷹は爪を隠すように、見ず知らずの人には自分を見せびらかすことはしません。

神職や僧侶、学者などになった人は、立身出世して名を残します。

・仕事や自分自身の為、プラスになるお金は使います。

 

運勢を見ますと、監督としての条件が揃っていますね。納得してしまいます。

 

ミステリー(凶)方位    南、南東(ロシアは北西なので何かあるか            も)

ミステリー(凶)年回り      辰、巳、午

ミステリー(凶)月        4月~6月

ラッキー№         4・2・3・8(暗証番号、passwordなど        に使うと開運)