しがらみという重しが外れ、刺青(タトゥ)を入れようかと。ゴルフ道を目指す。

f:id:bunsanjp:20180624202321j:plain

f:id:bunsanjp:20180624202437p:plain

<憧れのこんな雰囲気にします。刺青は絵を選んでいます>

f:id:bunsanjp:20180624220130p:plain

<刺青(タトゥ)はこれにしよう>

 

 

刺青(タトゥ)を入れることにしました。ヘヤ―スタイルも変える。

 

ずっとやりたかったのです。候補は、十字架に処刑されたキリストの像、本当はキリストの「最後の晩餐」のあの有名な絵をと思っていますが、相談したら、かなり高くつくとのことですが実はその中の一人が医者でその方との縁が深いのです。背中に一杯に描いたもらいたい。

 

ただ、浅草などは15時に浴場に行くと刺青だらけでそんな刺青に寛大なところへ引っ越しますか。

 

背中に一杯になると思いますので、ゴルフ場の風呂場はダメでしょうね。70歳だからやりたかったことを全てやってみたいのです。

 

もう!親、兄弟、親子関係に何の拘りもないので、ここらでやりたいことをやってみようかと決めました。「家」「親子」「兄弟」という重しが解けましたので。

 

だた叔母の家のすぐ近くに鎌ヶ谷カントリークラブがあり、歩いて行けます。強いて未練があるのであればゴルフが出来なくなってしまうことが心残りです。

 

今のところレッスンで確率の良いスイングを志していますが、それも自分で練習場に行ってクラブを振っていたならば、今のようなところまでは到達しなかったでしょう。

 

私は今日もレッスンに行きました。汗を流したかったからと、私の紹介で最近レッスンに来ているMさんとお会いする為でもあります。

 

私は紹介した時にMさんに人生も同じ自分を理解してくれる人を一人作ることです。たかがゴルフといえども客観的に見つめてくれる方(プロ)が絶対に必要ですと。

 

それと今後続けたければ基本が重要とMさんに強調しました。 というのは私は28年振りのクラブを握って蒲田でレッスンを受け既に数年経ちました。

でも60代後半から始めたとしてはとても速いと思います(普通の方とは目指すものが違う)。プロもそう言ってくれています。幾人もレッスンをしているのでゴルフに対する姿勢みたいなものはよく解っての評価です。

 

いろいろなケースを伺います。 私は恐らく練習場で独学でしたら今の倍、否途中で諦めて辞めていだでしょう。

 

いつもレッスンを受ける時「課題」を持ってそれを試しています。

 

家でもスイングでの閃(ひらめ)きがあると、大きな鏡で必ずチェックし、閃きを形としてチェックします。そしてレッスンで課題として試します。

ですから私は一人で練習場は行きません。客観的な「目」を尊びます。

 

自分でも驚くほどに進歩していますが、ラウンド回数、実践がないのでスコアに結びつきませんが今の心境は「美しく、シンプルなスイング」を目指しています。それはゴルフ道という境地かもしれません。

 

自分が映る映像のスイングが美しければ一つの「ゴルフ道」の完成です。他にそうした目指すものがあればそれにもこうした生き方をしたでしょう。

 

プロからは「川嶋さんからのご紹介の方は皆さん良い方ばかりですね」と言われた。「うーん!そうかな?」と思いつつも、こう答えた「私はその人のオーラは見えないがその方から漂うものを感じる」それだけですと。もう嫌な奴と付き合う程時間がありません。 それは私の陰陽師の世界でいえば、「観相」というのがあるのですが、それもお顔、背景に漂う色(これをオーラというのでしょうか)心の在り方が映るんです。

 

それは私の才能ではなく皆さん!人をじっと見つめると感じが良いとか不快とか心に響くものがあるでしょう。それです。きっとそれが最も正直に正確にその人を表しています。

 

実はもうすぐ楽しいことがあるのです。

 

そうだ!スーパーで前妻を会いました。相変わらず自己中で自分の話ばかりでした。

この人の行き着くところは最後は「暗く狭い部屋で背を丸くして独りぼっちでいる姿」ばかりが映ります。

 

何度もそんな映像を見ました。改めて良く見るとまだ美人なのですが、恐らくそれは相手を気遣うという精神が欠落しているので心の負担が軽いのでしょうね。今のところ。

 

詳しくはやり取りは言えませんが、自己中って気楽でいいですね。他人を思いやる心がないというのは何と気楽か。人間としては如何なものか。