片山晋呉の騒動に「プロアマって本当に必要なんですか?」タケ小山が持論に反論。

f:id:bunsanjp:20180613114157j:plain

<この人のゴルフ解説は嫌いではありませんが、この人はとてもサービス精神があり、それこそ気づかいが自然にできているので他人もそうだと思い込んでいます。アメリカかぶれです。英語なまりの言葉使いをします>

 

プロゴルファーのタケ小山が7日、文化放送「TheNewsMastersTOKYO」で、プロアマ戦でアマチュアに不快な思いをさせたとして処分を検討されている片山晋呉の問題について言及。 スポンサー側にばかり意識を向けている日本ツアー機構側に苦言を呈した。

 

タケは自身がパーソナリティを務める番組内で、まずは問題が起こったプロアマ戦について説明。 大会のスポンサーが大会前に自社の大切な客をもてなす場として設置されており、重要なビジネスツールにもなっていることや、選手たちにとっても、大会を開催してくれていることに感謝を現すために“ホスト”となってもてなすことを協会からも推奨されているとした。

その後「この構図自体、間違っているというのが僕の意見」と切り出すと「選手達がお金を払ってくれるスポンサーに感謝するのは当たり前だが、過剰なサービスまで必要なのかということ。

ぼくはアスリートサイドだから」と意見。

そして「本来ならばスポーツイベントはギャラリーやチケットを買ってまで観に行きたいスポーツでなければプロスポーツイベントは成り立たない」とスポンサーよりも会場に足を運ぶファンを大切にするべきと訴えた。

「日本はギャラリーが入らなくてもスポンサーさんが賞金分出してくれれば試合が成り立ち、イコールテレビ中継が付くという構図になっている」と説明。 「だから本末転倒。 俺からいえばとんちんかん」と言い切った。

 

もちろん片山についても「非はありますよ、不快な思いをさせてしまう行動をしたんでしょう、多分」「百歩譲って、片山選手は噂は良くないです。 色々問題起きます」と語ったが、米国ではプロアマは試合後に行われるケースが多いことに触れ、「選手が試合前にアマの方とワイワイやっては…。 それはプロスポーツじゃ無いと思ってる」と持論を述べた。

 

「プロアマって本当にプロの世界に必要なんですか?お金払ってる人が偉いんですか?ファンが偉いんでしょ?そこに目を向けないといけないんじゃないですか?というのが僕の意見」と、片山以上にツアー機構側の姿勢に疑問を投げかけていた。

 

確かに機構上の問題はあると思います。女子プロなど賛否があるでしょう。でも男子は試合数が減っている事実は認めるべきで対策をしなければなりません。スターがいないし、女子プロなんか韓国勢がサービス精神でわざとミニスカートで、こんなことがあってギャラリーが集まるわけですから、アスリートとばかり突っ張っていてはどうかとも思います。

 

私はタケ小山プロの意見は間違っていると思います。 この人の存在感、ゴルフ界での偉さは解りませんが、日本のゴルフの歴史とアメリカなどを引き合いに出すのは間違い。歴史が違います。

 

私のいうファッションの世界でも西洋からの受け売りです。所詮もらった文化ですから、今回の片山晋呉プロの件がアメリカとの比較するのが間違いです。 だってファッションもそうですが、歴史からくる成熟度が違いすぎます。

片山晋呉プロはそもそも占いでもいえますが、人間性に問題があるのは私でも親しい.プロからずっと前から聞いていました。

 

今回はラウンド途中からプレーを止めたアマチアにも、そもそもスポーツという考えからしては。違和感を覚えますが。

 

ちょっと違いますが、私も自動車教習所で教官の言動が気に食わないのでコース上で車から降りたことがあります。教官は顔面蒼白でしたが、唖然として何もできなかった。教習所側も慌ててました。
後から生徒さんに聞きましたら、その教官はすっかり丁寧な言葉に変わったと言ってました。

 

私はプロというのはアスリートであり、ある一面ファンあってのサービス業と思います。スポンサー、アマがいて成り立つのでプロアマ競技そのものの在り方云々ではなく、当然でしょう変革していくものでその国々にその発展の過程が違うのが当然です。ゴルフの成り立ちが違います。 タケ小山プロの間違いはプロ意識、アメリカではというのを日本に当てはめるのは間違いです。

 

ゴルフそのものでもアメリカと日本ではそれを受け入れる時点でその違いをどう日本流にこなすか、味わいを出すかでアメリカではというのは当てはまりません。