私が占いを始めたきっかけ。最近の体力の衰え。

f:id:bunsanjp:20180318212303p:plain

<正しい姿勢が大切です。このスクワットを100回やるんですよ>

 

久し振りに金・土曜日と徹夜を二晩することになった。流石に体に影響しました。

それに加えて土曜日徹夜明けに毎週土・日曜日に知的障害者の方のお世話にも行かなく

てはならないのだが「ふらつき」があった。

 

自転車での行動は用心をしたが、足が踏ん張れないので仕事での動きの中で階段の登り

降り、ちょっと振り返ると目眩とふらつきがある。

 

今回は仕方がない。私としても古いお客からの急ぎの仕事でも断るわけにはいかない。

またこの時期に縁の深い客からの以来は有り難かったのと不思議な縁も感じていた。

 

その客とは私が占いの世界に入るきっかけとなった内装業者であった。

美容室の内装のイメージデザインを始めて手がけることになったのだが「先生!この場

所に入り口と又この場所に水回り(キッチン、トイレ)は方位的にまずいです」と言われる。

 

商売をなさっている方は家相をとても気にするということを始めて知ることになっ

た。

 

それからですよ。

私のデザイン画を業者と美容膣のオーナーが気に入ってくれた。チェーン展開をされて

いると数年毎に改装するそうなので「チャンス!良い得意先になるな」と家相について

神田のそうした専門書を扱っている所で手に入れ猛勉強。

 

それからはその専門書を扱う本屋に通うことが頻繁になって行った。何と中国の文献から占いに関する本を読み漁る。

 

それも幼い時から勘の鋭いところがあったので両親から又友人からも変人で通っていた

。でないと占いなどには最初から興味を示さないでしょう。

 

その本によりその中のお名前の恩師との出会いでした。直接ご指導を仰ぐことを交渉しました。指導料も大変でしたが、5~6年は掛かるところを2年間で指導鑑定士の免状を得た。

 

その恩師からは氣學を学んだが、鑑定士の資格を得て活動をしている間、年に数回、悩んだ鑑定とか迷いについて御指導を仰ぐことがある。その時に「基本を外れなければ、あなたの独自の世界を作りなさい!」と言われてから開放感からヒラメキがどんどんと湧き出るんです。映像という独自世界も創造することが出来るようになった。

 

私の基本は恩師の気学ですが、それに独自の「霊数」というその人自身の持つ世界を数字で1~9で表す。それから人を占うごとに感が磨かれ、冴えてくる。「見えない世界が見える」などと穿ったことは言いません。独自の映像みたいなものが浮かんでくるのです。

 

 

これはもったいない才能を自ら捨ててしまった、最初の奥さんの影響が大きいですね。

素晴らしい異次元の世界と接することが出来た、選ばれた人物だったのです。

それを目の前の享楽(人として並みの快楽に)に走りこの世の役割を自ら拒み捨て去りました。並みの人ではないだけに惜しい。

 

異次元の世界から認められたのですから、今はそれなりの活躍を与えられているのだと思います。現世の新たな物をみつけられているのでしょう。事業家としての現在がそうなんでしょうね。

 

徹夜をした事でむりは出来ないことを自覚しましたが、今は何かが違うんです。

踏ん張れないのです。衰えを自覚するのに一番はゴルフですね。ラウンドはなかなかできませんが、レッスンでは体力だけじゃない頭を使います。奥が深いスポーツですが頭も体力もつくづく衰えを感じるのです。

 

でも80歳でも200ヤードを飛ばす老人がいますが、体力だけじゃない高級なスポーツですね。歩くこと、頭と使う、身体を捻転するというのはとても細胞の活性化につながるらしいです。 現在股関節ストレッチ、腰の捻転200回それに加えたのがスクワット100回目標を掲げましました。。100回を目指していますが、このまま死ねない!悔しいことがあったのです。それはある「状況」の発言からです。大腿筋が太くなり、これはその他にも効率的なダイエットになります。まだ腹は出ていますが、食い過ぎです。

 

こんな心境を大宮の同級生に話したところ、返って心配をかけて大宮からやってくるというのだが、以前大森に来てくれたので今回私が19日に大宮まで行くことにした。

 

呑み仲間5人が次々と亡くなっていく、最後にその中で余り仲が良くなかった、N君と今は助け合い、支え合うようになったというのも人生面白いですね。