ゴルフに未練。生活習慣(食生活)をすっかり変える(サラダ脂の危険な理由)

f:id:bunsanjp:20180112165404j:plain

しらす丼ご飯、卵、しらす、めかぶ、ネギをのせるだけです。しらすが安売りしていたので買いました。

 

ゴルフが出来なくなった。ではなくて腎臓結石で血尿が出る原因の結石が炎症を起こしている。それが5ミリ大なので何時尿道にい落ちるか分からない。 それで主治医(ゴルフ好き)がゴルフ場で痛みが出たら他に迷惑あ掛かる。それでドクターストップが掛かる。

でも私の性格をよく分かっているので運動不足になるのでレッスンだけは許可された。

それは都内では例えば痛みが出ても何とかなる。(スポーツジムは大嫌いなのです)

 

ゴルフコースではね。そうはいきません。それがその激痛は相当なもんです。数回ほど経験しています。

 

それで今日久しぶりにレッスンを受けましたが何と!好調なんです。

かえって打ち過ぎもよくないのかな。この暮れから正月にかけての病気もあるが、休みは良かったのかもしれない。頭がシンプルになった気がする。

 

第一力みが無くなるであろうとレッスンを受けたが、いやいやそうではなかった。相変わらずボールを潰しに掛かる。なんでそうなるのか。憎しみを抱くような人物を想定して叩いているのか、確かに数人は居る(笑)

 

主治医は千駄木の若いのにN医大内視鏡の権威で信頼をおいている。その主治医のおっしゃる通りに当分はレッスンのみでストレス解消である。

 

8日月曜日にとうとうストレスが溜まりに溜まり、ゴルフクラブを振り回したくなった。 それで予約をし何日ぶりであろうか。10日も行きましたが。 少しづつではあるが、生活習慣を見直しそれを実践している。

 

まず食生活が、サラダオイルは一切使わない。これは毒を摂っているのと同じ、これは科学的に実証されている。本も出ているがメーカーはそれを承知で問題の成分を取り除く努力をしているが、認めているからです。

 

スイーツは沢山サラダオイルを使っています。マーガリンもダメ。バターを使っています。

 

オリーブオイルがまあまあ、胡麻油ガ最高ですが料理の拠りますね。 今はよく「牛脂」を使っています。

 

夕食は写真の「しらす丼」です。

ご飯を盛ります。

めかぶを1パック盛ります。

卵をのせます。

しらすとネギをのせます。(たっぷりがいいですよ) 醤油をかけて完成です。(私は麺つゆをかけます。かけ過ぎに注意)大根が15倍の値段それでも煮物をしました。それで呑んでいます。

 

何でしたか?TVの番組の映像で見たので想像して作りました。

とても美味しかったです。

 

ここからはサラダ脂の危険な理由です。 

 日本の食用油で一番消費されているのはサラダ油ですが、昔は動物性油のバターなどと比べて植物性のサラダ油は健康に良いと言われてきました。

 

ですが現在ではサラダ油を取りすぎると認知症やガンなどの原因なると言われむしろ使用を控えるように言われることが多いですがご存知でしょうか?

 

サラダ油は精製植物油の一種で指定された9種。

菜種、大豆、トウモロコシひまわり、ごま、綿実、紅花、米、落花生の

これらの原材料のうち、いずれかを用いた植物油の総称です。

 

そしてサラダ油は市販のマーガリンや多くの加工食品に「植物油脂」などと名前を変えて多く含まれています。

このサラダ油は化学反応によって変えられた不自然な油です。

 

サラダ油を販売しているメーカーでは

「動物性油脂(バターなど)はコレステロールを高くするので、植物性油(サラダ油)を使った方が良い」という宣伝をしていますが、実際は違います。

 

*<サラダ脂が危険な理由>

植物から採れる油は健康だと言われても別に疑う方は少ないと思いますが、ではなぜサラダ油は危険なのでしょうか?

 

その理由を紹介します。

①抽出法が問題

精油メーカーで油を抽出する方法に問題があります。

原料を溶かす際に使用される「ヘキサン」「ヘプタン」は石油系の物質で、いわばガソリンのような油です。

これらの有害な石油系の溶剤は高温で加熱して気化させるのですがこの時に溶剤が残る場合があります。

 

そして危険な物質が残るだけではなく製造の過程でレシチンや食物繊維、カルシウム、マグネシウム、鉄、βカロチン、ビタミンEなど体にとって大切な栄養素を取り除いてしまいます。

なぜこれらの成分を取り除くのかというと、これらの栄養素は長期保存するためには邪魔な成分だからです。

 

最近では金沢大学の山嶋哲盛先生が

製造過程で何度も高温処理されるサラダ油には脳や細胞を破壊する有毒物質(ヒドロキシノネナールが発生し、アルツハイマーの原因になっていることを国際ジャーナルや世界の学会で発表されています。

 

トランス脂肪酸が危険

サラダ油の原料を高温で加工し、製造している過程でトランス脂肪酸が発生します。

このトランス脂肪酸が身体に悪影響を及ぼすというのは知っている方も多いでしょう。

特に海外ではトランス脂肪酸の危険性はかなり指摘されていて、禁止になっている国やトランス脂肪酸の含有量を表示する義務がある国もあります。

実際にアメリカでは2018年からトランス脂肪酸を含む食品は全面禁止となっています。

 

トランス脂肪酸の被害としては

ガン、糖尿病、高血圧、コレステロール疾患、心臓血管の病気、リウマチ、カンジタ症、アレルギー、うつ病、慢性疲労など様々な病気の原因と言われています。

 

ですが日本ではトランス脂肪酸の摂取量が海外諸国と比べると少ないというわけのわからない理由で制限がないどころか表示義務もありません。

 

昔の和食中心の生活ならばわかるのですが、現在の海外とほどんど変わらない食生活ではトランス脂肪酸の摂取過剰の人が日本人にも多くいると言われています。

 

WHO(世界保健機関)はトランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の1%未満にするように勧告していますが日本人の平均摂取量は0.3と推計されています。

 

日本人が一日に消費するエネルギーは平均で約1,900 kcalなので平均的な活動量の場合には一人一日当たり約2グラム未満が目標量に相当します。

 

このことにより内閣府食品安全委員会「日本人の摂取量は少なく、通常の食生活では健康の影響は少ない」としています。

 

実はマクドナルドのフライドポテトMサイズ(135g)には4.55トランス脂肪酸が含まれています。

 

もちろんマクドナルドだけでなく、他のポテトも一緒ですが、多くの加工食品やお惣菜などはサラダ油を使用しているため、平均摂取量が0.3%というのはありえません。

 

よほどのベジタリアンか和食中心の生活しかしないという人以外はほどんどトランス脂肪酸の摂取量は推奨摂取量を超えているはずです。

リノール酸の過剰摂取が危険

サラダ油に含まれているリノール酸を長期に摂取すると動脈硬化脳梗塞心筋梗塞、ガン、アレルギー体質を引き起こすデータが数多く発表されています。

また政府や自治体のホームページでもリノール酸の摂り過ぎは生活習慣病を引き起こす」と注意を促しています。

 

リノール酸は必須脂肪酸の一種で体に必要な成分なので適量の摂取は健康に良いのですが、先程紹介したようにサラダ油は植物油脂と名前を変えて多くの加工食品に含まれているので過剰摂取の人が多いです。

国側がリノール酸の過剰摂取が多いので警告しているのにトランス脂肪酸の摂取量は少ないというのは本当に理解できません。

 

おすすめの健康油

サラダ油が危険というのがわかったとは思いますがでは実際にどんな油を選べば良いのでしょうか?

①抽出法で選ぶ場合

ラベルの表示に「コールドプレス(低音圧搾)」と書かれているものをおすすめします。

コールドプレスとは30℃以上の熱を加えずに原料をしぼって油を抽出しそのまま瓶詰めにしたシンプルな 作り方のことです。

 

昔ながらの製法で抽出したしぼりたてのフレッシュな油は栄養豊富で一番安全です。

「食用精製加工油脂」「食用植物油」と書かれている油はこれらは先程紹介した危険な物質を使用して抽出しているので注意が必要です。

②オメガ3脂肪酸の油を選ぶ

最近注目されているのがオメガ3脂肪酸を多く含まれている油です。

特に多く含まれているのがえごま油、アマニ油、グリーンナッツオイルです。

 

オメガ3脂肪酸の代表となる脂肪酸αリノレン酸なのですがとにかく効能がすごいのです。

認知症アルツハイマーの予防、改善  学習能力、記憶力の向上  アレルギーの症状を緩和 (花粉症、アトピー、喘息など) 生活習慣病の予防と改善 (糖尿病、高血圧、動脈硬化など)  うつの予防、改善  美肌、美容効果

ただえごま油とアマニ油は熱に弱いので加熱料理には適していません。

 

サラダ油で使用する場合はグリーンナッツオイルをおすすめします。

炒め物であれば加熱しても問題なく栄養が取れます。

インフォレスト」の「エキストラバージンオーガニックサチャインチオイル」です。※サチャインチオイルはグリーナッツオイルの別名です。

 

この商品は低温圧搾(コールドプレス)製法なのはもちろんのこと有機JAS認定ですので安心して購入できます。

有機JAS認定 エキストラバージン オーガニック サチャインチオイル 170gアマゾン購入はこちらから この情報で私はサチャインチオイルを購入しました。

 

ただグリーンナッツオイルは揚げ物をする際には適していないのでその場合にはサラダ油の中でも比較的リノール酸が少なく、抗酸化物質がたっぷりの 米油ごま油をおすすめします。

 

ただ米油やごま油であればなんでも良いのではなく、米油であれば石油系溶剤を使わずに抽出された高温処理が最小限(スチームリファイニング)のものやごま油は生しぼり低温圧搾のものがベストです。

カネゲン 低温圧搾しぼり 純正ごま油 淡口 450g

今サラダ油を使用している方はすぐに変えてくださいね。

まとめ

本来サラダ油は危険ではなく今スーパーなどに出回っている高温で処理されたサラダ油が危険なのです。

実際に国産の菜種油を低温圧搾製法で作ったサラダ油は健康に良い油です。(ただほとんど出回っていません)

 

家庭料理でサラダ油を使用しなくても多くの加工食品で使用されているので知らないうちに摂取していることが多いです。

普段の料理ではできるだけサラダ油は使用せず健康に良いと言われる油に変えて健康になりましょう。