下手を打つとはこんなこと。

最近の相談内容は政治的な話しばかりとはいえなかったが、叔母二人の問題も関わり頭の中がゴチャゴチャになり、混乱の極みであった。

 

それが原因か?胃を壊したが主治医の処方により何とか普段のように戻った気がする。

気楽に前回のブログでは世界観みたいなことを言っていたが一介の陰陽師が語るには大きすぎる。

 

でも100年後の地球は?(本当は1000年の筈が地球環境の変化で)となると私は生きている間が大丈夫という気楽さはある。

無責任ですが子供、子孫を考えるとどうかとも思うが。

 

地球が過去に何回も繰り返した地軸を南北を正反対のひっくり返し(この話は何百億年という単位)それが身近に起こり得るというのが実態です。

 

その事実は地質学的に証明されています。北極点を見つけるには、北へ向かえばいい。ただし、少々注意が必要だ。

 

今、地点は、着々とヨーロッパ方向に動いているのだ。 4月8日付「Science Advances」に発表された論文によると、近年この「極移動」が急激になりつつあり、その原因は気候変動にあるという。

 

気候変動と極移動の関係が明らかになれば、氷床の融解や干ばつについての今後の研究、予測に大きな影響を与えそうだ。それが数年後が分かりませんが?私達が生きているうちは世界は混迷を来しながらも数十年は大丈夫でしょう。

 

話が壮大になり過ぎた。

因みに私の方位地図は北が地図上の北よりも23度くらい傾いています。それが正しい北です(流派によっては地図上に北を使っている)その地図を相談者に提供しています。

 

極端に矮小な話になりますが、いまだに小池劇場に収まりがつかない。希望の党の代表の任を表明した。

いくら日本人が熱しやすく冷めやすく忘れっぽいとはいえ、あれからまだ22日しか経っていない。「私は代表の座を降り、皆様方をサポートしたい」なんて言われても、「挽回」どころか、「もう何を言っても信じられないな」と、さらなるイメージダウンを招くというのは、中学生でもわかる。

 

 ましてや、小池百合子という政治家は、有権者潜在的な不満を忖度して、分かりやすい「敵」を設定することで、自身のブランディングに活用してきた政治家である。

希望の党」では派手にヘタ(下手)を打ったが、ここまで雑な「二枚舌」を使ったらどうなるかという判断力は失っていないはずだ。

 

いつまでも収まらないには、焦って代表辞任をしたのには理由がある。

 

小池百合子都知事が、希望の党代表を辞任した。「都政に専念することで挽回を図る」との見立てが報じられているが、背景はそう単純ではない。小池氏のブランディングの「一丁目一番地」とも言える受動喫煙防止を戦場に、自民党山東昭子議員という“強敵”が現れたからだ。(窪田順生:ノンフィクションライターのレポートを引用)

山東議連に「日本最初の受動喫煙防止対策法案」という大きな政治的カードを奪われてしまうのではないかという「焦り」からではないのか、というのである。

 

いつまでも権力欲の強い人ですね。

私がずっと関わって来て思ったことは小池さんの政治的手法は政治を分かりやすくしたこと。

 

「分かりやすさ」と「正しさ」を選ぶとしたら、殆どの人が分かりやすさを選ぶ。しかし長いスパンでみると正しさが勝つ。分かりやすさは歴史的にみても皆が選ぶ、だが「知」でみると「あの時こうすればよかった」と思うはずである。それが僅か数日、数カ月で終わった。