方位を犯して享楽にふけると其の償いを受ける。

暦を毎月送っている皆さん!

こんな経験をしました。29日金曜日ですが暦を見て北東は暗剣殺⇔五黄殺でした。暦ではア(暗剣殺)と五(五黄殺)ですね。

 

私としては食事をするのに「こんなところにCafé」が南西でしたから、これも北東の反対が南西でアでした。それで「ゴンジャ」行くつもりが途中で北東のイタリアンに行ってしまいました。

 

当然方位除けをして向かいましたが、「凶」の磁場でいえば軽減しているだけなのです。

案の定その店で私自身で自分を追い込んでしまいました。

恥ずかしいですが自分の悪いところが出てしまい、見栄を張ってしまったことが自分を苦しくしてしまいました。

 

五黄殺とは

五黄殺とは、五黄土星の象意によって、自ら自発的に死を招く方災である。

 

五黄殺の方位に引越(移転)・旅行等をすると、あらゆる災難の原因を自ら作りやすくなり、徐々に自滅していくことが特徴である。

 

自らの考え方、言動、肉体の全てが内部もしくは内面から腐敗・破壊されていき、 死病に襲われたり、事件を起こしたり、悪業を平気で行うようになる人がでてくる。

 

自らが原因で、もめ事や争い事になりやすく、トラブルが絶えなくなってくる場合が多い。

また、五黄殺方位に移転したりすると、ごく稀に人生が一見発展したかのように(花開いたように)社会的な注目を集めたり、思いもかけない大金を手にすることもあるが、結局最終的には、徐々に何もかも失い、自滅に向かっていく人が多い。

 

五黄殺による災厄の一例として、 死病、ガン、難病、原因不明の病気、悪性の腫瘍、自殺、中毒死、殺人を犯す、破産、倒産、内臓の腐敗、高熱、自家発火の火事、焼死、自己原因による交通事故死、精神異常をきたす、などがある。

 

自動的に事故・事件などの災難を起こしやすくなる大凶方である。 尚、五黄土星が回座している方位に関連した事象が五黄土星の象意と合わさって特に強く出やすい。

 

要するに自動的であり、自己原因による自滅の道を辿るのである。

他人様には方位と吉方取りを薦めていながら、自分で犯したしまった報いです。

 

現にE店には全く疎遠になり(北東)ただ適当な距離間ではBACCO、ベネディーレには通っています。

 

でも北東ならではの障害、対人関係では足を引っ張る人、何かと不愉快な思いをさせる人、そういう場所になるのである。

まあ!E店には息子さんとマスターには懐かしさはあるが、これも縁でしょうね。

 

でもそういったミステリー方位には魔力(魔性)みたいな危険ながらも引きつける不思議さもあるのです。

 

全ての吉凶には必ず原因があります。暦でその日の方位を見て下さいね。

 

自身の気を引き締めて明日はボランティアで午前中は知的障害者のお婆ちゃんのお世話に行きます。そして午後はゴルフレッスンその帰りには「こんなところにCafé」でスパゲティとビールでも考えています。

 

改めて明日は南西「こんなところにCafé」が吉方位なので吉方取りも兼ねて行ってきます。

 

今日はボランティアから帰ると忙しかった。

洗濯が夏の綿毛布の洗濯、勿論衣服、下着もありました。それだけではありません。

ゴルフ以外のは出かけることが少なくなったので料理をするようになりました。

 

今日は洗濯をしながら、大根と手羽先の煮物(大根に煮物が大好物)、手羽元の酢醤油煮(レタスで包んで食べるのが大好き)を圧力釜で調理しました。 忙しかったです。今大根が今一つですね。旬ではないのでしょうか。

 

明日はカジキマグロのソテー、バルサミコソースで調理します。

後はこんにゃくの炒め煮を摘みに作ります。健康的でしょう。

こんにゃくは灰汁抜きをし、ごま油で炒めます。だしの素と砂糖を加えてさっと混ぜる。。

それにみりん、醤油、酒を加えます。

 

それに唐辛子、いりごまを絡めますと良い摘みになります。