「こんなところにCafé」という店に行ってきました。

f:id:bunsanjp:20170915215809j:plain

<「こんなところにCafé」、左にお寺、右に墓場>

行ってきましたよ。

ゴンジャの帰りいつものコースを外し本門寺に近い暗闇の世界、夜は人通りが少なくそんなところを通ってみると、出会いました忽然とお寺と墓の間にある、今晩分かりました名前は「こんなところにCafé」良いですね。センスと拘りが良いね。言葉の。

 

このセンスがいいと思いませんか。暗闇の中に忽然と存在しているCafé、まだ数カ月のいうので昼間はCaféそのもの、夜は今のところ金、土曜日のみ。

 

へそ曲がりの私にはぴったり!まず、店内のインテリアが素晴らしい、媚びてなく、後で説明しますが、奥さんのセンス。バランス感覚が良い。

一つの個性ではあるがバランス、精神、欲望を抑え込んだ知的でさすが坊主の娘だけのことはある。

 

実はこの店は左隣りの養源寺の娘夫婦が経営している。娘のことを「言ってしまった」自分の思うままに突き進む、この店もそうでしょうと言うと旦那が頷く。

 

料理はそれなりの何々風といえないが、工夫がそれなりにはある。可愛いね。

こんな創業時の一所懸命な姿がけなげでいじらしい。

 

料理はこれというものがあるが、まだまだですね。

第一!生ビールがない、缶ビールだけ。

 

ワインはそれなりの拘りがあるようで奥さんの拘り、知識ということである。

 

料理は学びなさい!とえびす家は薦めた。BACCOは薦めたら行ったことがあるという。

それも和尚である父親と一緒にらしい。

 

また私の分野であるが旦那と奥さん占いに基づく心理分析。

旦那は優しいが頑固、偏屈でもキャパが広い。奥さんは接客向き、旦那は職人、料理のセンスは良い(料理は一口で優しいというのが実感)これからの学び次第。

奥さんは身体は女性だが精神構造は男性、旦那は身体は男性だが精神構造は女性と言ってしまった。そうであると認めてくれたので助かった。

 

明日もやっているが今のところ夜間営業は金・土曜日のみ。それも20時30分まで。

ども創業時のこの姿とは可愛いね。

 

皆さん!私の「こんなところにCaféの紹介です。何人かの方がこのレポートを期待してまっています。明日又行ってみます。でも台風の影響次第ですね。