ゴルフで人間性が解ります。それで人はそれぞれ適齢期があるのです。

明日はゴルフのラウンドレッスン又長太郎CCであるが、いろいろ試行錯誤して週ニ回のレッスンでも必ず課題を課題を持っていく。

未だに課題はどうしてもトップの位置がアウトにずれる。要するにボールを打ちにいっていること、やはり力みですね。

 

あるアメリカのレッスン番組で「力みがないスムーズなスイングはそれは才能」である。と言っていた。そうだろうな。

 

私はビデオを見ていてもトップでグリップを握り直す(強く、力みです)と言うのは手の甲がかぶる。(私は毎回レッスンでビデオ撮りをする)欠点なんです。

でも大丈夫です。いまドローボールが打てるようになったのですが、それがまだ身についていないとう状況です。

 

実はアイアンをまるで骨董品のスポルディング(200セット限定品)を愛用していました。

それがヘッドは今のクラブにしてはとても小さい。今回ダンロップのゼクシオ(ガーボンシャフト)を購入しました。

 

私は顔で選びます。いい顔をしています(美人ですよ。私好み)。5番~AWまででSWの購入は迷っています。今ウエッジだけでも6本ありますから。でも永い間使用したスポルディングのウエッジは思い切って仕舞い込んでしまいました。今はクリーブランドのAWとSWを使用。

 

でも驚きはスポルディングの8番がゼクシオの5番くらいのヘッドの大きさでとても安心感があります。まず打感がスポルディングとは全く違う。でもどんな簡単と言われるクラブでも芯(スイートスポット)は芯です。意外と金属音的な音が心地よい。

又ラバーグリップが格好良いんです。白ですが何ともいえない色なんです。

 

このスイングではドローとストレートがですが、まずビデオではこのスイングですとトップの位置が移動しません。

後はラウンド経験ですね。パットはその点はっきり出ます。

 

ゴルフ友達を増やすことを今後考えなくてはなりません。

 

占いの相談者と弟子からクレームがはいりました。

それは「最近のブログはゴルフばなりですね」。と。その理由を理解してくれたいるのですが、如何せんそうも行きません。

 

このところ整体のKさんが暦(吉方取り)をされるようになられました。

それは公開するべきものではないのですが、私のいう衰運期に入られます。私の周りには衰運期を明けて順調な歩みをされたいる方々がいらっしゃるので自信を持ってお薦めしました。そうすべき理由があったので。

 

このKさんもラウンドレッスンをして性格を把握しました。こうだからこうなったのだろうとも思いましたが、御本人には「その人の幸せを掴むのは人それぞれ、年齢とそういったものではありません」そうした最高の運気が3年後と言い切りました。 怪訝そうなお顔をしていましたが、成長と言うのはリズムはそれぞれに違います。 事例として言ったことは50代で初婚、お相手の女性も40代、でも最後のチャンスと妊娠、男の子を授かり、私が名付け親、その家庭を訪ねる度に羨むのです。

 

適齢期とは人によってそれぞれです。