生活が変わりつつある。ゴルフに夢中!

先週はブリヂストンインビテーショナルでの松山英樹の優勝、それで今週の全米プロトーナメントが気になって、とうとう何処へも出かけずテレビにかじりついていた。

 

松山も全米プロでは彼の弱点(意外と精神的に脆いところがある。それを練習でがバーしている)真面目なんです。ただ気になるのは2年くらいは衰運期に入るのですが、一回秋口にチャンスがあるかな。メジャーは来年も?

 

出かけずに家での飲食はやはり安くつくような気がする。余り細かに計算しないので感覚ですが。まずは財布の現金の減り具合が遅い。

 

結構お酒もおかずも買っていますが、勿論料理もしますよ。でも簡単な物しかしません。

まずは大根に煮物は大好きですが飽きました。毎回ですが手羽元の酢醤油煮は必ずします。

と言うのはお摘みには最適、レタスで巻いて食べるといい摘みです。それに客が来ると茹卵を粗微塵にして上にのせると結構絵になります。

 

塩鮭を酒で3~4分煮て醤油とバターを器に入れてラップしてチンする。それを鮭にかけるだけ(醤油よりも麺つゆをすすめる)

 

冷凍ブロッコリーを茹で、冷えたらワサビとマヨネーズそれに麺つゆで和えるのを今回作って摘みにしています。

 

このところゴルフのレッスンに行ってボールを250発打っています(アプローチも含め) それが結構疲れますので以前よりも出かける意欲を欠きます。 家にいることが多くなったので家で楽しみ方を覚えました。鏡でいつもスイングのチェック、パターは鏡に二本線を引き床に置き、そこにボールを置く。顔がボールの真上に位置しているかチェックが出来る。それでそのラインにヘッドとスクウェアーもフォローさせていく。 ラインに小刻みに縦線を引いてあるのでヘッドが真っ直ぐにフォローされているか分かる。

 

この効果でかヘッドをフォローする、スクウェアというのはイメージはネックを先行するようにするとスクウェアになることがわかった。低く長くフォローすると順回転になる。

アでレスでもパターのヘッドは1.5センチ浮かせる。そうするとボールの赤道にスクウェアにあたる。順回転になる。

 

今回ラウンドレッスンは整体の木村氏が初めて同伴する。ラウンド後にプロと食事をしようと池上の居酒屋(ゴンジャ)に予約を入れたが遅い盆休みであった。

 

さてどこへ行くかな?結局、南欧風レストランに決まりそうである。新規の蒲田に「ちょっど」という名の居酒屋を発見、名が面白いので先日、店内を見せてもらったがとても垢ぬけしていて女将が大柄だが美人であった。使用人も可愛い!

 

ただ一回も行っていないので今回は止めました。料理や値段も分からないので、でも夜は予約で一杯らしい。きっと美味しいんだろうな。

 

私は学生時代から蒲田に出入りをしていた。というのは安い飲み屋が沢山あったからで、今は工学院が大きくなりすっかり昔のイメージが無い。 蒲田は以前の怖いイメージがすっかり旧弊が払拭されて綺麗になり、人種が大森に比べたらちょっとね。 多分この「ちょうど」が料理と値段によっては通うだけの面白みがありそう。