松山英樹を占う。

f:id:bunsanjp:20170621225101j:plain

全米OPで2位タイに入った松山英樹が、世界ランク2位に浮上。自身が今年5月に記録した日本人最高の3位を更新。

最後は4打差で2位。勝利には一歩及ばなかった。あと少し。本当に、あと少しだった。どうしたら、その「あと少し」のギャップを埋められるのか。

大波小波の波間のギャップを埋めていく。4日間のギャップを埋めていく。それがメジャー初制覇への道だと松山は言った。

ゴルフはギャップを埋めていくゲーム。なるほど、彼はその王道を堂々と歩みつつある。あと少しのギャップを埋めつくしたとき、そのときこそ、松山英樹はメジャーチャンピオンになる。

風、湿気、空気の淀み、そして感触。いろんな要素が絡み合い、狙いと現実にはどうしても誤差が出る。大事なのは、そんな不可避のギャップに惑わされず、踏みとどまり、着実な前進を目指すこと。

 

15番の第3打を打つ際に「98秒を要した」として、USGA(全米ゴルフ協会)からスロープレー警告を受けた。

 

全米オープンの優勝争いの大詰めでUSGAからスロープレー警告を受け、崩れていった例は少なくない。今は亡きペイン・スチュワートも、その1人だった。昨年大会ではダスティン・ジョンソンが優勝争いの真っ只中でUSGAから1罰打の可能性を告げられ、ホールアウト後に、実際に1罰打を科せられるという前代未聞の珍事が起こった。

 

だが、メジャー大会でもレギュラー大会でも、優勝争いの中で予期せぬ出来事を幾度も潜り抜けてきた松山である。「16番、17番は急いでプレーした」ものの、崩れるどころか16番ではバーディー、17番はパーで切り抜け、18番はグリーン右のラフからミラクル技のチップで寄せてバーディーフィニッシュ。

 

上記は私が松山英樹人間性が見える注目した点を記述しました。

これから松山英樹を占います。

 

松山英樹 <1992年/平成4年2月25日>

◆基本的には

頭の回転が速く、進取の気質。行動派。新し物好きだが飽きっぽいところがある。押し付け。鋭角的な面がある。

特に時代(歴史)に名を連ねる先人(賢者)から比べると強弱でいえば「弱い」意外でした。

 

◆病気は神経、肝臓、腎臓

 

◆二つの星が見えます。

一つ目は発想力と個性の星。流行に敏感。芸術、技術に才能あり。熱がさめやすく長続きしない。頑固、偏屈者。自由業に向いている。母親との縁が薄い。

二つ目は静かで円満な運気。

 

◆総じて

「山」であり、山は動かず。

 

「継ぎ目」一家にとっては相続人を意味し、人体では「関節」となります。

「変化」という意味では大同小異ではありますが、変化は自然のうちに変わっていくものに対して「改革」は自分の意思が入り改める点が異なります。

 

「境界線」という自分の繋ぎ目、境い目を意識し、それによりトラブルを起こします。

 

人間が生活して行く上で正常な欲で陽の欲で積極的な摘み掴み取る欲です。

 

「止まる」の作用を意味し、金銭の貯え、つまり貯蓄となります。財産という形に変化します。上手く運用しようとすると墓穴を掘ることになります。

 

人体図では「右足」にあたりますのでその点が大切ですね。

 

背中を意味しますので後ろ姿を見送る状態いうこともあります。

 

◆運勢及び性格

本来不変運です。42歳以降に大きなチャンス、きっかけが生まれます。その時に人生の大きな変化が起きます。

 

・経済観念が発達し、無駄になることを嫌います。

・ガメツさ、粘り強さがあるかどうかです。

・慎重で用心深さがあり、そのために初めから実力を発揮出来ず、42歳を過ぎて力を発揮します。

・人生上大きな変化を持っています。倒産、職業の変化、離婚など。

・現状不満型で、変化改革を常に追い求めます。

・何事にも粘り強さがありますが、兎角決断力に欠けるところがあります。

・世話苦労が多く、また心配性で喜びごとは少ない方です。

 

◆運勢の良い人

・貯蓄心が強く、物を大切にします。

・一見しまり屋のように見えますが、時と場合によっては金も物も綺麗に出します。

・困難に遭遇しても、挫折することがない努力家です。

・大柄でお金を使わない人。

・42歳以降にチャンスやきっかけを掴み財を成しますと、その財は子孫まで及びます。

・記憶力に優れ、粘り強い人です。

 

ミステリー方位  西、北西

ミステリー月   9月~11月

ミステリー時間  17時~23時

 

9月から11月は運気は落ちます。今年、酉年からは余り運気が良くないのですが全米OPで2位ですから?でも冒頭に松山の特徴をネットで拾いましたが、本来は優勝という実力は十分にあるのでしょうがそれがそれを示しているのでしょうね。

 

それから全英OPは運気としては良くないですね。優勝はどうでしょうか。

■ 開催地

ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)

■ 開催日

2016/07/14(木)~2016/07/17(日)

 

「年」から見ると酉年は運気は良くないですが、「月」でいうと7月、8月は大丈夫ですね。

方位は世界をみるのに流派によって微妙に違う(地球は丸い)ので難しいですが、アメリカでの活躍は方位的にはとてもいいですね。松山には合っています。

英国、スコットランドは方位は良くありません。むしろミステリー方位です。

 

十分な実力がありながら「あと少し」のギャップが運気なのではないでしょうか。