読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GWは何年ぶりに静かに過ごす。変な趣味を明かします。

GWはそれこそ何年振りに否、何十年振りかもしれません。

世間様と同じように静かな街を散歩しています。交通量も少なく人もゆったりとしたリズムですね。

 

えびす家は7日まで休み、ゴルフのレッスンもGWで休み、身体を鍛える解す手段が無い。

ですから精神的にリセットできない。

ジムを嫌いなのでコースはGWには避けることにしているので散歩以外にない。

 

この数日は真っ青な空、「青空を仰いでご覧、青が争っている。あのひしめきが静けさというもの」なるほど!「静」という字は青と争から成り立っている。空が青いのは、太陽光の中の青色の光が空気の分子によって散乱しやすく、上空で広がるからという。

 

散歩だが昨晩は夕方だったので何故か人混みを選んだ。えびす家へ行くルートを選ぶ。今朝は山王住宅街の散策。この付近はアッパンダウンが激しく、道が葉脈のように見える入り組んで狭い路地が多い。以前から気になっていた山王4丁目の弁天池から池沿いの緩やかな坂道が以前からズーッと気になっていた。「どこに向かうのであろうか}

それに一途に向かう。発見!発見!いろいろな家々、面白いのは如何にも裕福な家(車も高級車)、又極端に古いが佇まいは敷地が広く立派な木造の家。それは新旧の面白さがある。

育った実家を思い出す。

 

「あァ!この道に出るのか」というこれは不思議な感動である。

銀座か浅草へ行こうと思っていたがこれはまるでGWの余興として時間を楽しめる。

 

徹夜明けで一応GW用の買い物をして帰る。シャワーを浴び、朝食をしながら朝からワイン、ビールで済ます。

眠気に誘われる。そのまま椅子を寝かせて二時間くらい寝てしまった。観たいTVもつけっ放しで音がいいララバイ(子守歌)のようになってしまっている

 

引き続き大きな仕事ではあるが、直接描いている訳ではないので気が楽と思っていたが、いやいやとんでもない。まるで絵でも真贋(しんが)を見分けるようなもので、その目を期待されてのことであると思い頑張っている。

 

今までは作品に向かっていればよかったのだが今回はチームワークというのか私が最も苦手な、余り経験のない仕事のやり方なのでと惑っている。

 

スタッフも様々な分野の方で構成されているので私の分野だけ考えていればよいというものではない。しかし①多元的無知というのか、他者が積極的に行動しないことによって、事態は(の)緊急性を要しないと考える輩の集まりでもある。

 

②責任分散というのか他者と同調することで責任や非難が分散されると考える。

③評価懸念という行動を起こした時、その結果に対して周囲からのネガティブな評価を恐れる。

という輩の集まりである。サラリーマンってこんなんですか。

 

これを深く調べると傍観者効果といって社会心理学の分野では上記①~③の考えによって起こるという。

 

やだやだ!独りの方が気が楽でいい。年寄りの仕事を回されたのかな。そんな歳になってしまった。

 

また、山王の散策をしよう。狭い路地でも向かうと突き当ったり、他人の家の玄関にぶつかったりも面白い。何だかんだと1時間は費やす。

実はもう一つ変な趣味があるんです。表札を読む。「これは何と読むんだろうか」と読めずに調べても分からないのは直接尋ねることもある。

 

今朝はもようしてコンビニのトイレに駆け込みましたが。そんなこともあるんです。