読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老人にとって大切なことと。そして料理を再開する。

「何もしていない。何も予定がない。そういう幸せってあるんですよ」誠にその通りだという実感もあります。

 

しかし、70歳の私にはこんな心が痛くなるような納得してしまう、言葉もあるんですよ。 「老人は”教育”と”教養”が大切なんです」えっ!なんで今さらと思うでしょうね。

 

それは教育(きょう・いく)とは「今日、行くところがあること」教養(きょう・よう)とは「今日、用事があること」それが老人にとって最も大切なんですよ。

 

そうなると私は行くところがある。仕事も持っている。ですから幸せなんでしょうね。

 

でもね、今とても反省しているんです。

というのは独りで暮らすと無駄が多く、料理など一人前にやるんですがキャベツを四分の一を買っても余らしちゃうんです。

 

カレーライスなどは一度作ったら3~4日間は食べますね。最後はカレーうどんなどにして工夫は慕いますが。 反省というのは一軒目で飲食をし、それじゃあ!済まないんです。帰路の途中にある、ワインバー(イタリアンの店)に立ち寄ってしまいます。人恋しいんですね。 そうすると何と!一晩にして1万円近くを使ってしまいます。

 

それでも料理をする効率の悪さから最近はコンビニの総菜が美味しいんですよ。それを大いに利用していましたが、飽きてきました。

 

それで又料理をしたくなりました。それはえびす家で出てくる味への挑戦心が湧き出てきまして、特にえびす家の「大根と手羽先」の煮物が特に好きでつくりました。

今回で3度目なのですが何となくコツみたいなものは体得したのですが、悔しいですが満足する出来ではなかったです。(断っておきますが、えびす家は何でも美味しいですよ)

 

圧力鍋は以前からよく利用します。魚の煮つけ、勿論、肉用理でも多用します。 それで「鶏手羽と大根の煮つけ」とろとろですよ。

 

えびす家と違いは私はフライパンにごま油入れ手羽を炒めます。

大根は大きめの5センチ位に輪切りにします。

 

最初は圧力鍋にだし汁を入れて沸騰したら鶏と大根と卵(私はボリューム感を上げる為)に入れます。灰汁(アク)を取ってから、醤油、砂糖、みりん、酒、生姜を入れる(実は殆どは麺つゆを使います。生姜以外は嘘です)。

 

それから圧力鍋で煮詰め完成です。大根の芯までだし汁が染み込んで、ほっこり柔らか!美味しいですよ。

 

でも大きめのタッパに3個出来、病気療養中の大家さんに1タッパ届けました。それと大きな娘(53歳の娘)がやってきたので殆ど持たせました。

 

その時、娘も生活が大変なので援助したのですが(深い訳がありまして)、私の生活ぶりに怒られました。

老後の資金はいくらあってもいいのだから、節約するように強く言われました。

「私は彼の両親をみなければいけないのでパパは面倒みれないのよ」と言われました。

それが大いなる反省です。

 

因みに他に二人、男女の子供がいます。48年、49年生まれです。頼れないでしょうね。

 

先日、ラウンドレッスンで千葉のゴルフ場に行ってきました。その帰りに同伴者の女性がいつも買っているという卵屋さんに立ち寄りました。 エサにパプリカ、高麗人参エキス、無農薬のトウモロコシ、アルカリイオン水など吟味した原材料を使っています。実に上手い!

それを一番おいしい食べ方は「卵かけご飯」です。今、凝っています。

 

最近の食べ方は。

1フライパンにごま油をひきます。

2温まったフライパンに溶いた卵とめんつゆを混ぜた物を流します

3箸でかきまぜながら半熟位で火を止めます

4温かいご飯の上にフライパンの中身をのせます

5最後にめんつゆひとまわし、のり、胡麻をのせて出来上がり!

コツ・ポイント

生卵とめんつゆを先に混ぜておくだけで下味しっかり!のりが美味しいです!

 

お試しください。