読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシアが降臨される日も近い。既に地球の磁場が危険に(吉凶方位に危機)。

f:id:bunsanjp:20170204203100j:plain

f:id:bunsanjp:20170204203410j:plain

<磁場の様子を示す>

私は新約聖書を苦労して一年半掛けて先に進むかと思えば、後戻りしたりとやっとという感じでした。正直にいえば間を空けると名前など分からなくなってしまうので、長くかかってしまった。

 

でも関わりが多い割にはキリスト教徒ではない。ただ、キリスト誕生の時に見守ってい

たガブリエル天使にご縁があるだけですが、キリストが日本に来られた時、その意識の

痕跡が残るがその影響力は知る人は少ない。

キリスト日本へ渡来

キリストは地中海の沿岸ユダヤに 生をうけ、エジプトに父母と共に住 み、その後再び帰ってナザレの片田舎で成長したが、21歳の時に行方不 明となり33歳の時に忽然と現われ、 天国を語り、神の実在を説いたので あるが、もちろん聖書にもその行方 不明の11年間の行動は何も載ってい ない。ところが発見されたというキ リストの遺言書にはその問の消息が 鮮明に書かれている。 すなわち、キリストが日本へ初め て来たのは11代垂仁天皇の御代で日本海沿岸の橋立の港に上陸し、越中 の国に至り、当時この地におられた 尊き方の御弟子となり、日本の言葉 や文学を習いさまざまの修行を重ね ていた。 かくて11年の修業を終えたキリス トは33歳になって日本を去り、モナコに上陸してユダヤに帰ったが、帰 国してからのキリストはパプテスマ のヨハネや周囲の人々に神国日本の尊さを語り続けた。

キリスト、磔刑を脱す

しかしながら、キリストの教えは 当時のユダヤ教の長老達の容れうるところとならず、またパリサイの学老等の反対にあい、遂にローマの兵 に捕えられじ磔刑に処せられることとなった。 しかるに遺言書によれば十字架にのぼったのは弟のイスキリで、兄の身 代りとなって果てたと言われており磔刑のとき「神よ何ぞ吾れを捨て拾うや」と聖書にあるまじき悲痛な声を発したのは、キリストではなく、弟のイスキリであった。十字架の磔刑を逃れたキリス卜は、弟子達数人とシペリヤヘ走って足跡をくらました。

 

キリストの再渡来

シペリヤの広野に出たキリストは、 艱難辛苦して各地を遍歴し、4年目 の2月26日アラスカから舟に乗り、 今の青森県八戸港に上陸し、再渡来したキリストは十来太郎大天空とそ の名を改め、陸奥の国戸来村(ヘラ イ)に住居を定め、ミユ子と称する日本婦人をめとり三女を育てた。

 

ローマ法王庁はその事実をひた隠しにしているという。

 

諧謔(かいぎゃく)を弄したという程度のお話しと、私は真剣で真面目にお話ししてい

ますが、余りにも現実から遊離した話しなので弟子、相談者向けのお話しと受け止めて

下さい。

 

考えてみればミカエル大天使は東洋では摩利支天といわれますから、天上界ではあり得

るスケールの話しです。男女の性別もあり得ないし、物欲の程度でのランクの上下ある

らしいです。天使はメシアとして救済のためにキリストであり、釈迦であり、モーゼである。となると東洋では別名があり得る。

 

西洋と東洋との往来は揺るぎない事実といえるであろう。

 

例えば「菩薩」は衣にアクセサリーで着飾るが、「如来」は薄い衣を纏うだけ物欲が感

じられない。天上界はお姿も性別は確かに意識しない。

 

そんな世界ですから私達の地球は宇宙大に見たら、恐ろしく変化変動している。

メシアを使わされる時が近づいているのかもしれません。

*だから宗教が生き生きするのが乱世です。

 

こんなお話しを受け入れないリアリストが多いなか、こうした諧謔と笑っていられません。

 

相談者、弟子の諸君!この現実を良く現象を精察して下さいね。吉方取りは最もこの時代は大切です。私の示した地図による吉方を確認してください。

 

欧州原子核研究機構CERN)の研究では近年、地球の北磁極がずれているだけでなく磁場が急速に変化しているそうです。北米では磁場が弱くなっており、アジアの磁場が強くなっているそうです。磁場が弱くなると地球に降り注ぐ放射線量が増しますから、人体に大きな影響を与えることになります。

 

ここ数年、主流派科学では地球の磁場が急激に弱くなっているとことが報告されています。
今のところ科学者らは磁場が弱くなっている原因について殆どわかっていない状態です。 

 

地球の磁場に変化が起きています。磁場は不変であり磁石の針は必ず北を指すと思うのは間違いです。
科学者らは磁場が変化していることをずいぶん前から認識していました。
磁北極が年に40km移動していますので磁石の針の位置が次第にずれています。
さらには、地球の磁場が19世紀のそれと比べて10%も弱くなっています。
欧州宇宙局の人工衛星(SWARM)のデータにより、最近は磁場が急激に変化していることが明らかになりました。

 

1999年から2016年中旬までに北米の高緯度の磁場が3.5%も弱くなっています。しかしアジアでは磁場が2%も強くなっています。磁場が最も弱い南大西洋異常域が徐々に西へ広がっており、ここでは磁場が2%ほど弱くなっています。

地球の磁場は太陽風宇宙線から我々を守ってくれます。磁場が弱くなると、より多くの放射線量が大気圏を通過してしまいます。

SPACEWEATHER.COMがカリフォルニアの高空に風船を飛ばして放射線量を観測していますが、徐々に増していることが分かりました。これは北米の磁場が弱くなっているのが原因と思われます。

太古の昔(石に刻まれた情報によると)には地球の磁場が完全に反転した時がありました。北極と南極が入れ替わったのです。
平均して30万年に1度の割合で地球の磁極が反転していると考えられています。しかし最後に地球の磁極が反転したのは78万年前ですから、磁極の斑点がいつ起きても不思議ではありません。

 

*因みに私が吉方を示す地図は南北の地軸を既に左にずらして描いています。それでないと正確な方位は示せません。

 

「吉方」とは良い磁場(エネルギー)であり、「凶方」とは悪い磁場なのです。