読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸の中でシャボン玉が舞い上がって嬉しくなっていくようになってしまう。

f:id:bunsanjp:20161128104145j:plain

BCCOで遅い夕食、又お行儀が悪く、PCを打ちながら、資料を読み食事をしている。 お魚料理はトマト味(クリーミー)いつものサラダの組み合わせ。

赤ワインと、でも何故だか仕事が捗らない。「止めた!」一階に行って気分転換。

 

日曜日と月曜日にかけてが一番落ち着いて時間を過ごせる。プレッシャーから解放される日なのである。 今朝はいつもより遅い覚醒。

いつものルーティンで仏壇に手を合わせ、いつものお祈りの言葉そして数十人の方々の名を挙げ”ご健康と日々安らかに過ごされることを祈る”。

 

朝食はレタス(セブンイレブンのmix)ポテトサラダ、スクランブルエッグ、ミニトマト(軽くオリーブオイルでチューブのニンニク加え)炒める。コーヒー、ヨーグルト。 それにサプリメント(シジミ、ブルーベリー、青汁の錠剤)薬(血圧、尿酸値の薬、乳酸菌の錠剤、ノニ果汁入り健康飲料)と準備も大変ですがマメに毎朝ですよ。 私がこだわっているのは食後の食器は必ず洗う。全てを「完結」させないと気が済まない。 神経質なのではない。何しろ終わったら、済んだら完結しないと駄目。

 

昨晩に戻る。

 

「胸の中でシャボン玉が舞い上がって嬉しくなっていくようになってしまう」と今晩は二週間ぶりに泡(バブル)気分で食事をした。いままで気になっていたことも細かく質問をした。

 

具体的には公開は避ける。ともかくも、「美容室はどこに行っているの?」「病院は?」病院は理由がはっきりしているのでそれはそれ。など私の得意分野の方位によるものである。

確認をしたということです。

 

娘の動向が気になって仕方がないですが、いくら親の気分でも「ストーカー」にも成りかねないので、そうでしょう70歳の小父さんであることは事実なので難しい立場ですよね。

 

不思議です。私が付き会った女性の共通点は皆同じ「ホワーンとして」一見、自分があるので周りが気にならないのか、相手にも気配りあるようでない。気がつかない、が全く気にならない。鈍感うのではないのだが、何しろ「ポカーン!」「ボーっとしている」

 

かりそめの縁(えにし)「恋」にしてもボーっとは実にイラつくが、何でだろうか?今まで何でこうした女性ばかり選んでいたのだろうか。果たして母性か、イラついても母性なのか、でも「ポアーン!多いんですよね。そういう女性との関わりが、安らぐのでしょうか。

本来私はピリピリとキーンと張りつめた弦のようであった。頭の中がくるくるといつでも活動して、ときどき切れる。実にショートテンパーたる、まさに怖い顔をしていた。 今はそれを誤魔化すように作り笑い。それがそんな女性ばかりとは皮肉ですね。

 

「ケラケラ!」ではないか、「コロコロ!」とリズミカルに笑われちゃうとイライラもすっかり消えてしまう。そういう人柄に遭遇の機会が多いのは神の計らい鍛えられているということでしょうね。

 

考え方です。そんなおおらかであるから差別がなく、計算が無くマイペースのようにいられるのでしょう。私のような小父さんでも。

手に負えない娘、意のままにならない娘は分かるがそれも修行、こんなときに意味があった現われるのも意味がある。

 

いくら私でもこの娘は如何ともしがたい。有為(うい)の現象であるといえる。人格には無為だけど。「無為」まさに適宜な言葉である。自然なままで作為的ではない。

自分の娘でもここまで語ったことはない。

 

色は匂えど 散りぬるを

我が世 誰ぞ 常ならむ

有為の奥山 今日越えて

浅き夢見じ 酔いもせず

 

(訳)

櫻の花の色は美しく輝くけれど、儚く散ってしまう。

同じように我々の世も、だれがいつまでも変わらないことがあろうか。

いつも変わる無常の世の奥山を今日越えて行くような人生で、

儚い夢を見るように目の前のことに惑わされまい。

この世の出来事に酔いしれ、心を奪われる事もないようにしよう。

 

最近の失敗など言い過ぎやり過ぎで陰陽師でも「作法」が大事であると気がつかされた。 人間生活における対人的な言語動作の法式なのであるから、今回の、今年の反省点から湧き出た言葉である。エチケット、マナー、礼儀、行儀ともいえるがこれが生きる上での基本といえるのかもしれません。

 

そうね!一年を反省すると、そういった配慮が欠けていた事例がありました。

やり過ぎ、言い過ぎ、思いが強すぎたきらいがある。

 

俗にいう大殺界、天中殺などといえる時期を経て、最中で出遭う人、それはある意味本物といえる時期でもある。(私はそうは言わない。衰運期という。そんな大袈裟なと言いたい)

それで金儲けしている占い師という方々が多いのです。

 

私が指摘している方々冬の時代こそ学ぶべきモノが時期と言えます。お互い頑張りましょう。