読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良い経験と自己欺瞞。

f:id:bunsanjp:20161027111816j:plain

<摩利支天様>

相談者とお弟子の諸君お元気ですか。 私の体調をお気づかい頂いて有難うございます。ご承知のように季節の変わり目はいつものことなのでサプリメントなど服用、トレーニングなどをしながら頑張っていますからご安心ください。

 

ブログを御覧になっていると私の周りには相談者などの今までにはない経験をしたり、只今、心の昂揚感を味わっています。なかなかバランスのいい方は少ないのですが、出会ったのですよ。お利口さんと。相性もいいのですが、嫌味が無いのはそうした要素がそろっているからでしょうね。

 

全くその真逆な出来事もありました。

私の欠点でもあるのですが、相談者へ入り込み過ぎですね。こういう世界はそうしたバランスが難しいのです。

 

でも私たちは受け身なのです。それを窺って相談者に回答する。安心されて穏やかな顔になられるかた、悲しみがかえって蕃殖(はんしょく)される方とのバランスが難しいですね。

それが私の欠点でもあり、自己欺瞞に陥ることとなってしまうのである。

 

落ち着いて、時間が経ることでウーンなるほど、と思うこともあるのが人として当たり前

なんでしょうね。

 

実は私の役割とは相談者のお話しを聞いてからの回答であり、そうすると今回、曖昧に

している問題の根源は実は多くはたっぷりと窺っているのです(公開はタブー)

 

その情報によることも大きな判断材料にはなっっています。

それに基づいてのことであるので、私はなんであったのであろうと問う。

 

不満と愚痴のはけ口に過ぎなかったのでしょうね。だってこの聞き役でもあったのです

から。

 

男女とは複雑で関わるのは絶対に避けるべきです。弟子の諸君男女のことはくれぐれも慎重にしてください。関わりの深度、密度が難しいです。

 

そうではないという期待と信じている自分を自信もっていたいが。観相(見た目それが結構大事です)が意外と暗示があるかもしれません。不自然さは後にドロドロとした淀みになります。

 

その方との関わった内容の詳細を述べればこの曖昧な内容から皆さんにご理解をいただけますが、私達はそれは公開することは絶対にタブーなことなのです。

 

曖昧でご理解いただけないでしょうが、何回も言いますが、男女に関わることは極々慎重にしてくださいということです。

 

とうとう私をご指導してくださる方まで侮辱受けました。「お告げ」こういう言葉は不適切です。でも仕方ないですね。

 

それを責めるよりもその方をご指導(ご縁深い)されている摩利支天様の癒しで中道に戻して頂くことをお願いと祈りを捧げました。

 

お告げではありません。心に暖かい光を与えて下さる。それにより正しい判断が出来る

という事なのです。

 

という期待はしていますが「怒りは収めるのは難しい」。収め方で、それで今後の人

としてが決まります。私にも言えることです。

 

そういう私でさえ、時間を経て自己欺瞞に陥ることに気がつかされたのですから。

 

今回はとても勉強になりました。私の弟子には「お稽古」の時に参考事例として勉強するつもりです。

 

私の長い経験上初めての事件です。いい参考事例になります。

 

皆さん来月には恢復し元気になると思います。ご心配をおかけしました。