読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「老いさらばへる」なんてとんでもない!只今恋愛中の69歳。

今、私は恋をしています。 勿論女性ですよ。きっかけはB店でカウンターの左角でした。

 

顔を観察してください。右と左で筋肉の付き方や顔のハリ、目の大きさなど意外と違う点があることに気づくと思います。

 

さらによく見ると、右を向いたときと左を向いたときで顔の印象に違いがあるおがわかります。鏡の前で右側と左側を交互に紙で隠すと分かりやすいでしょう。

 

たいていの人は、自分の右側がシャープで知的な感じ、左側がふんわりと優しげな感じを与えます。

 

右側がオフィシャルな建前に顔、左側をプライベートな本音の顔を表します。

 

話を「恋」に戻します。その名字Eさん、普段はSチャンと呼んでいます。

Sちゃんは右側の顔となると上述の印象ということでその日は「面白い小父さんがいるな」とSちゃんの印象だったらしいです。

 

きっかけは娘にそっくりでした。きっかけを作る会話ではありふれていますが、本当にそうなんです。

 

その後いろいろな角度で表情をみると左側の印象も発見しました(右隣)

そしてようやっと!えびす家へお誘いしました。

 

勿論、仕事、勉強などに関わる方位の話しの為ですが、地図を作成し学校の方位がミステリーといった話でした。

 

でもね!私は正面でSちゃんの顔(表情)を見入っている。それでこの日は満足、十分であった。

 

嫌ないい方ですが、滅多に人(男性も含め)を飲食などには誘いません。映画、劇場、百貨店巡り、買い物などいつも単独です。

 

それは他人から学ぶべきものがないと時間がもったいない。時間が無い。ですから知的な人、見ごたえのある人(女性は特に)、輝く(光る)ものが無い人との交わりは時間の無駄。 と考える人間です。ですからSちゃんはそっと傍に置いておきたい、飾っておきたい女性なのです。

 

勿論、人が発する音(会話)、内容も大事ですが。発する音が心地よい。と言っているとSちゃんは歌手でした。なるほどね!

 

そうすると暦をスキャンしたお礼のメールが入った。美登里ちゃんです。

何故か美登里ちゃんがこんな日にメールが入るなんて、勝手に想像力を働かし、やましい気持ちになったりしている自分が愉快!

 

美登里ちゃんは人妻、Y君の奥さんでも露骨に亭主の前で感情露わ!

一人でドラマ(虚構の世界)に浸っている。

 

まあ!いいんじゃない。これを「老いらくの恋」と言うのでしょうか。 「今日が残りの人生の最初の日だ」と思うようにしている。