読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汝不届千万。蓮舫・民進党新代表を占う。

f:id:bunsanjp:20160926113046j:plain

<元モデルだけあって可愛いでしょ>

f:id:bunsanjp:20160926113113j:plain

<笑顔がいいのですが、かたい顔の写真がなかったのです。怖いですよ>

氣學とは「人間諸般の運勢と大気(大自然)とは密接な関わりを持つ」との考えに根を置き大気には、人がこの世に生を受けてから常に影響を受け続ける。

目に見えない時々刻々と変化する「氣」(エネルギー)が存在すると考え、その「氣」の種類・性質を探求することによって、人々の幸福に役立てようとする思想であり、その具体的手段としての占術であるといえます。

「氣學」は中国5000年以上の歴史からなる学問(運命学)であり、」経験値に基づいた統計学です。

生年月日を重要視するのは、私達はこの大自然の氣に触れ、生まれ出て後、産声を上げ呼吸をし始めた瞬間からその性格や運命に大きな影響を与えられそれぞれ一生を歩むといわれます。人間には様々な概念を学習や経験によって習得するのではなく、生まれた時から既に備わっているという生得説に従っています。

 

蓮舫民進党新代表を占う。

 

<生年月日> 1967年//昭和42年11月28日.

*実は中国人を占う時はつい疑いの目で見てしまいます。

中国中央委員会総書記 習近平第5代)などを占うと知る限りの情報からしても全く違った結果が出る。ある宗教法人の教祖(会長)などにも言えたのでそれが面白い。、

それは中国に占術の淵源であるので中国人は十分に心得て自分を隠すために二つの生年月日を持っていると言われている。

 

◆基本的には

新天地を切り開くフロンティア精神の持ち主。底力がある。人の好き嫌いははっきりしており融通がきかない面がある。何でもやる気でプロになれる。

 

◆二つの文字からイメージ浮かびます。

一つは多趣味、多才、財運の星。流動的な財産。金銭の出入り、人との交流活発。じっとしているのが苦手。商業やマスコミ関係がいい。他人の財が入ってくる(正当な収入ではなく)転がり込む。棚母田。

二つ目は決断力不足の運気。家族運、恋愛運が悪い。財運が複雑ですね。入るが出費も多く、不遇。

 

文字が他にも浮かびます。不健康。多変動。瞬間(政治家、代表として、この文字の意味するところは意味深ですね)

 

◆総じて

「天」であり、太陽を意味します。

人の世話をしたり、面倒をみたりすることが後日労して功ある形となる。

人間社会ではトップ(社長とか)、一家においては主人となります。

闘う、争う、人と肩を並べ戦う、競うをことを意味します。争いは目上の人との闘争であり、権力的なものとか、金銭が絡むことが多くあります。

 

交通事故に遭遇します。右足に気をつけて。

幼い時は病難でした。

 

典型的な晩年運です。42歳頃より第一期の幸運期が始まります。51歳頃より第二期幸運期に入ります。チャンスやきっかけを逃さないことです。若いころはあまり恵まれません。

運気破強い物を持っています。

 

<運勢及び性格>

・新規の取引先を開拓する、攻める仕事は得意ですが根回しをしたり、地ならしをしたりすることは上手ではありません。

・常に新しいものに目を向けています。しかし余りにも先に進み過ぎて後悔をすることがあります。仕事の途中から気を抜き、結果として思うような成果が上がらないことがあります。

・独立性や独創性が強く、余りにも人から管理されますと実力を発揮できません。自分の力以上の夢を追い現状不満。

・一番嫌がることは、人の風下に立つことと、人に負けることです。

・自尊心が強く、見栄っ張りなところがあります。

・目上の人の意見を聞くのが下手で、人の下で使われていますと自分の能力を発揮できません。

・警戒心が強く、なかなか人を信用しません。

・気位が高く、表面的に無愛想でぶっきらぼうです。

・人に対する思いやりは強いですが、反面嫉妬深いところがあります。

・とかく親戚や兄弟のことで世話苦労が多いものです。

・この星の人は特に不義をしますと思わぬ災難、女難、病難などに遭い非常に苦労します。

・元気よく気が強いですが、非常に涙もろいところがあります。

・男性は家庭内ではワンマンです。

・女性は、性格的に強すぎるため、とかく夫の運気を剋しやすいところがあります。

 

<運勢の良い人>

・親や老人を大切にして、信仰心があり、人の為に貢献しようとする心がある人です。若い人の面倒をみて育ち、良い子供を育てることが、年をとるほどに、それらの人々が力になってくれます。

・負けず嫌いで、世間の苦労に耐えて成功する強いところがあります。

・人の面倒見がよく、人間味豊かで、人から依頼されると何でも引き受け、リーダーとして活動します。

・小さくとも独立して人の長として活躍します。事業を引き継いで守ることよりも創業時に活躍します。

・よく働き、よく努力します。

・常に気持ちの中に向上しようという願望があり、それがエネルギーとなってことを成し遂げていきます。

・誠実をモットーとし、私利私欲に走らず仕事を怠けず、全ての人に礼を厚くし目下を慈しむ人。

 

運気をみると、前年(年では)から上昇期に入り、月でも7月頃から今年は上昇期です。

年では4年間は上昇期、暫くは安定しています。

 

今年(年)は南が吉方なのでそこに蓮舫さんの星が在位しています。

今月(月)は代表に選出されるべき場所に”星”が在位しています。その場所が意味するところは父親の場所で、社長、上司、夫を表し「やりて、何かをするといい、仕事のエネルギーが強い」という場所です。

 

但し来年3月頃から4月~6月に政治的に波乱があるでしょうね(選挙でもあるのかな)

 

どの条件(運気)をみてもなるべくしたなった(民進党の人材不足ということでも)

私は国籍問題にしても以前、蓮舫氏の発言で「「長い自分探しの旅の果てに目指す地平が首相ということであれば余りに軽く感じる」というのがきっかけです。軽い、青い。

 

まず表情が硬い、ユーモアのつもりが短い時間に的確なことを言うとするが、鋭すぎる。

痩身とはいえ顔が骸骨に皮だけが被ったようなほっぺたにふっくらとした柔らかさが無い。硬い。

 

でも笑顔は可愛いのに喋りが硬すぎる。

総合的には好きなタイプではない。小池都知事ほど生理的に不快ではないが、女性は色気が何処かに漂ってないとね。

 

小池さんはいまだに受け付けられない。劇場型の政治手法で「犯人捜しに熱狂するあまりに肝心の都政は停滞しないのか」何か空虚である。