自分の鑑定(運命)を疎かにして、びっくりする。

最近のトラブル続きはと?自分のことを調べることにした(PCのデータ消失、携帯電話を落とす等々)

 

案の定、他人のことことばかりで自分を見失っていた。今年もよくないが、今月(8月は9月6日まで)は特にミステリー(北東)に自分の星が在位している。ですから下記の内容が物語っている。(えびす家も北東)しばらく大人しくしているか!

 

歳破または月破の方位に引越(移転)・旅行等をすると、 他動的・突発的に人生上のあらゆる内部的もしくは内面的な事が破られやすくなり、 人生計画に大きな狂いを生じることが特徴である。ただし、表面化することは少ない。

 

例えば、突然の病気や怪我、人の妨害などにより、人生が挫折する破目になる。 また、私生活に関する人間関係、仕事、家族、健康、恋愛など全般的に争い事が多くなり、 破れをきたす。

 

破れとは「破壊・破棄・破損・破片/大破・突破・難破・爆破 破局・破産・破談
撃破・説破・打破・連破・論破 破格・破調・破廉恥 看破・走破・踏破・読破」とこれだけの強い現象です。凶といってもいいですね。

 

思う事・考える事の全てが、うまくいかなくなってくる大凶方である。

 

人生を木に例えると 「歳破は幹を枯らし、月破は枝を枯らす」との例えがある。 尚、歳破もしくは月破方位に回座している星や、方位に関連した事象に対する破れ現象が特に強く出やすい。

 

ということでこうした諸現象が身の回りに起こっている。 ボケも入るのか相談者が窮地にある時、その緊急性に対してブルーのリング(私の大切にしていたもの)をその方を守るために差し上げたが、今回その方の母親の言葉(?)であったか、イメージかは分からないがブルー(色の表現も微妙、ピンク、青、紺など同種でしょう)という文字が浮かんだ。

 

それが差し上げたのにどうしてだろうか。と例の思い込みでその相談者を怒ってしまった。

こんなことが起こるのもその方の住まいの方位が北東なのです。今はそんな時期なので怖いですね。自分を振り返るいい時期ともいえます。

 

因みにどなたか(同じような内容の相談者)と勘違いをしているようなのである。

 

暦を差し上げている方の8月の暦をみると北東が年に歳破、月に月破がついていますね。私に起こったことはそういう意味・理由なのです。

 

私は今年から衰運期に入ります。入り口なのですが、こうしたトラブルは私に警告として現象が現われます。三年間は冬に時代を迎えます(前妻とのトラブルもそうですね)