読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

又やってしまった。短気も我、後悔も我 。オリンピック結果から占う。

f:id:bunsanjp:20160820131321j:plain

<方位盤>

又やってしまった。

憤慨居士と言われるものを発揮してしまった。

 

えびす家の帰り、いい心持ちで家路へ、そうすると大森駅前で学生かな?30人近くが固まっている。当然通路としては邪魔になり、皆さん不自由を承知で避けながら通行している。

 

そこが私の「何とか感」でむらむらと、カッカカッと燃えたぎる酒の勢いもあるでしょう。とうとう怒鳴りつけてしまった。

 

「おい!邪魔だよ」と大声で叫ぶ、それでもそれを何とかしようとする行為がない。 皆避けながら通行している。(今の若い人に共通していることは五感だけで第六感というものが退化しているように思える) とうとう押さえが効かない。一番邪魔な男に傘で排除する行為をしてしまった。要するに除け!と足に向かって傘で退けた。

その男が私の胸倉を掴んで食い下がってきた。当然だが「おめえら!見ろよ!皆がどれだけ不自由しているか、バカなお前らにバカなりの手段を講じただけだ」と。

 

すると、二人が間に割って入ってきた。「おめえら!この道路はお前たちの為だけではねえんだだよ。公共ということは分からないのか」間に入った二人は「仰ると通りです。すいません!すいません!気がつかず申し訳ありません」と言って来た。 私も大人げないが、皆が我慢をしている。こんな不安定な世の中、危険を避ける傾向がある。見て見ないふりをしている。

 

私はその後いつものブティックへ立ち寄るが、何と平静、驚くばかりであった。

そこで麻のTシャツが胸倉をつかまれときに少しほつれたのがブティックのマスターに指摘される。「今度ここは直しますから!」と古い付き合いなので承知で対応してくれる。

 

私はストレスの鬱憤晴らしではなく、正義感でもなく、自分の進行方向を邪魔されるのはとても苦衷である。周りが見えない人間に対して「配慮に欠く、気遣いがない」鈍感な人間に腹が立つ。憤慨居士たる所以である。

 

ですから、前のブログにも書きましたが、今まで峻拒(斬捨てる)相談者は己のことばかり、家族、親戚、同僚、会社広くは社会(世間)に対する配慮に欠ける。

 

私はマネージメントが下手と前妻に言われるが、相談者であっても、そうしたことをしっかりした人は成功者であり、人格者でありますから言うのです。

 

格好つけて言い方では「愛」がない。そういう考え方の人は必ずこうなるというのは30数年こうした事例に基づくと確信がある。

 

結果とした不幸な人は幸せを得るのに楽して簡単に得ようとする。生きること自体、会社経営もそう言えるのではないか。労苦、散財(成長の経費)を惜しむ。

 

そういう人は絶対に改めない、気がつかないから努力をしない。真の投資を知らない。

 

相談者の方々、分相応なのことは大事です。それ以上のレベルの話ではありませんが、あまりに不可解な行動をする方が多いので、そんな時期なのでしょうね。

方位の大切さを改めてお考え、ご自覚してください。

 

伊勢神宮に行かれ、体調を崩された方は凶方位が東京から見て「西」で、この旅行だけが原因ではありませんが、一気に災禍に遭われてしまいました。

 

方位ということで事例をオリンピックでレスリングの吉田沙保里が4連覇ならず。気になったのでその原因を探ってみた。 案の定、私の鑑定してみるとブラジル・リオデジャネイロは東京からは北、北北西に当たる。

東京国際空港からリオデジャネイロ国際空港まで大圏コースでまっすぐ飛ぶと仮定すると東京からの方位角:349度20分。概ね北微西方向(北と北北西の中間)。

東京(東京駅)からのブラジルの各都市の方位

リオデジャネイロ

大阪(大阪駅)からのブラジルの各都市の方位

リオデジャネイロ

{資料に基づいて}

 

吉田沙保里のミステリー(凶)方位は北、北北西であった。

結果はミステリー方位が物語っている。

 

*それに比べて伊調馨は4連覇を達成しました。その原因を探ると、今年は北に自分の星、二つ(自身の方位と霊数=それぞれを星と言う)が在位している。非常に幸運。8月は二つの星が無難なところに在位している(吉凶に関係ない位置にある。ですから楽な試合ではなかった)

 

このように幸・不幸、事故や怪我などは気にしない、気がつかない方はいいのですが、日々こうしたことに遭っているわけですから、必ずやこうした作用があるということです。

 

原則として方位を使えばその方位のもつ特徴(象意と呼ぶ)が現われます。例えば西南に一白水星がまわっているときに西南方向へ旅行に行った場合などは、一白水星のもつ「性」といった象意が現われる。 伊調馨は具体的に言うと七赤金星(方位)も霊数(運命数)も北に在位しているので今回の4連覇が達成されたといえます。

 

吉田沙保里は個人的には嫌いなタイプ。メディア慣れ、コメントも慣れ過ぎて嫌味(かつてのヤワラチャン谷亮子そうでした)。TVでもマスメディア・バライティ番組に出過ぎ、喋りが軽い。

私は当然の結果だと思っている。

 

伊調馨はパワーと頭脳の星、意志が強く実行力があり、責任感が強い。積極的で発展の運気。長生き。丁度よいエネルギー(強弱がない)。この人お利口さん、頭がいい。