読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池氏の勝利で思う。

f:id:bunsanjp:20160710133504j:plain

自民党公明党民進党共産党などの政党や業界団体の締め付けのなかで、その枠を打ち破って小池氏が勝利した。それだけ舛添前知事の政治資金を巡る混乱と辞任劇に都民が怒りを持っていたということだろう。

 

私としては相変わらず大嫌い!生理的に不快!本当に大嫌い。

占いからは運気は悪い、選挙当日の運気も悪い。これから背負うもの、立ち向かうべき難題が多く立ちはだかる。一旦一夕には行くまい。そこでこの運気が現われてくるであろう。

落選するよりも厳しく現れる。軽い、浅薄である。「都民の為の都民の政治」どこかの大統領が言った言葉を引用して格好つけたり、やたら英語を使う。

 

私は最も気になるのは阿部首相が増田候補の選挙応援演説に全く行かなかったことである。 代わりに西川きよしですよ。どうも小池氏を当選させて東京都連や都議会自民党のドンと森善郎の追い落としであろう。東京都連や都議会自民党のドンの責任論は発展しますから。

 

それは都政の停滞を打開するには、当然、強いリーダーシップを持った政治家が必要になる。あれこれの公約もあるだろうが、実は、都民が一番求めていたのは、本気で都政を改革する覚悟を持っているかどうかであった。

 

多くの都民がその覚悟を感じたのは小池氏だったということだろう。自民党の支持を得られる保証がまったくないもとで、「崖から飛び降りる覚悟」で立候補を表明し、自民党公明党増田寛也氏を担ぐことがほぼ確定した状況でも、「名誉ある撤退こそが、私にとって不名誉」と言い放った。

 

簡単なことではない。小池氏は環境相、防衛相などを歴任した自民党政治家である。仮に、知事選挙に負けていたなら、自民党から厳しい処分を受け、政界復帰の道は断たれることになったであろう。まさに小池氏が語ったように、退路を断った決断であった。“くそ度胸”と言っても良いぐらいの大決断だ。おそらくこんな決断は、男にはできない。

 

都民への目線がない。覚悟も感じられない。それはそうだろう。小池氏が言う「都政改革」とは、まさにこの東京都連や都議会自民党にその矛先が向かっていたからだ。この時点で、自民党公明党連合は、敗北が決まっていたと言うべきだろう。

 

石原伸晃東京都連会長などは、小池氏を降ろして、増田氏推薦する会議に、小池氏が参加するはずがないではないか。小池氏をなめ切った対応をしていた。

 

敗北して二人については語る価値もないのでそれはいろいろ理由があるだろう。

準備不足とかそもそも政治経験がまったくなく、公約すら候補者に決まってから考えるような人物に、誰が都政改革への意欲を感じるのか。実際、選挙戦を見ても、政策論争などまったくできない人物であった。ただニュースキャスターとして名前が売れていたというだけだ。小池氏の敵ではなかったということだ。

 

それにしても醜悪としか言いようがなかったのが、自民党東京都連であった。

 

 それを端的に示すのが、石原伸晃都連会長と都連幹事長の内田茂都議らの連名で出された「都知事選における党紀の保持について」と題する文書だ。その趣旨は、“自民党所属の各級議員(親族を含む)が、党の非推薦候補を応援した場合は、除名等処分の対象となる”というものだ。

 

もうひとつ酷かったのが、選挙戦終盤の26日、自民党本部で行われた増田陣営の総決起大会だ。石原慎太郎元知事を引っ張り出し、話をさせたのだが、決起どころか逆効果にしかならなかった。

 

石原氏の話は、「大年増の厚化粧がいるよな。これは困ったもんでね。私はあの人はウソつきだと思いますよ。厚化粧の女に任せるわけにはいかない」 と小池氏に罵詈雑言を浴びせるだけの低レベルなものでしかなかった。これを知った小池氏に、「今日は、薄化粧できました」と軽くいなされただけだった。息子の石原伸晃氏は、小池氏批判を続けた後、「今日をもって小池氏は自民党の人間ではないと思っている」と 「追放宣言」まで行った。

 

石原伸晃氏の身近な政治家に聞くと彼はあまり頭が良くないといいます。経済再生大臣を重用しているのは阿部首相の人事延長の布施であろうといえます。

安倍首相、二階氏の幹事長起用で安定重視=任期延長めぐり自民人事だそうです。

 

*内容の一部はインターネットの内容を掲載しています。