読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっと大きな仕事が終わったので、気分転換にブログを書きまくる。

f:id:bunsanjp:20160621111050j:plain

やっと大きな仕事が終わった。大きな作品であったが、私の拘りで注文はモノクロであったが、愚直な程に自己に忠実な自分を納得させる為に色面で構成したのです。

原画は色は印刷にはできないですから、色彩を使うのは、いわば無駄です(依頼主からはこうした拘りにある私みたいな職人入るらしいですね)

 

仕事以外では以前のブログ「Ob-La-Di Ob-La-Da」が私の不備で使用不能になってしまった。その回復の手続きにはY君やKさん(イラレの先生)に援助を請うたが己の力では如何ともし難い。

 

何度もFC2に問い合わせをするが、埒が明かない。9000円も復活料金を取られても解答にはチンプンカンプン、半分自棄になって、半分は諦めの境地に至っている。 相談者の斬り捨て(峻拒)については未だの問い合わせがあるが、このくらいのして置く。私自身の激越な感情も収まったので、当事者Aさんには既にもうこれでいい。といったことに固まっている。

 

お相手のSさんにはお代理(古い相談者の間ではこう呼ばれている)としての役割を終えた(ちょっと!縁にこだわり過ぎた)。

 

多くのアドバイスは公開(ブログで)したが、問い合わせの方々からは「なるほど!」それにしても「是非は兎も角、容易ならざる決断と行動だと思います」というのが多くの印象でした。「怖いですね!方位というものを軽んじていますね。今までその恩寵を超える感情があったということですね」「大変参考になりました」というのは殆どであった。

 

もう一人、その方位であるが、Kさんが個人、衰運期に入るのですが(トップですから影響が心配)吉方取りでこの冬に時期を乗り切ってもらいたいと思っているが、その後無反応なのでそのままにしている。忙しいのであろう。

 

何故、気になるのかはその内、人事面で何かが起こると思うのだが「些事こそ、人事で、人事とは作用と反作用で出来上がっている」ものなので「押したり、引かれたり」という動きがあるのだが、まあ!余計なことなので静観(様子見)という姿勢でいる。

 

我が寓居(と思っている)にもお隣の空き部屋に入居が決まったらしい。

この住まいも全ての男性が独身(家主の息子さんも)皆さん結構な年齢なのに。それはそれなりに理由があるのですが、これは結構怖いんです。

 

因縁と土地に宿る地縛霊であり迷霊の影響なんですが、私ですか?返って面白くて、その霊と遊んでいます(風馬牛の心境です)。

一時女性(若い)方が決まりかけたのですが、押し出されました。

 

その内お話しします。