ストレスが溜まる仕事ばかりしていた。病気になるわ。

動いてはいるが、病み上がりで根治していないのだろう落ち着かない。

薬で胃をやられたので止めてしまったのもすっきりと恢復をいう気分ではない。

 

でもいつもよりは家にいる機会(時間)は多い。薬のせいで眠気が走る。否ストレスもあるであろう。

「ストレス」とは、「ストレッサー」という外部からの刺激によって心身に「ストレス反応」が出ている状態を指します。

 

「ストレッサー」には、大きく分けて5つの種類があります。   ①物理的ストレッサー…太陽光による紫外線、工事現場で発生する騒音、冷暖房により身体が感じる寒暖差などの環境的刺激 ②化学的ストレッサー…飲酒によるアルコールの摂取や喫煙によるニコチンの吸収で受ける刺激 ③生物学的ストレッサー…ウイルスや病原菌が体内へ侵入したことによる刺激 ④社会的ストレッサー…情報過多の過密生活、家庭環境、職場での人間関係 ⑤精神的ストレッサー…対人関係で生じる不安やイライラ、悲しみ、仕事に対する緊張や焦り

 

④、⑤でしょうね。原因は。否全部かな!

 

実はこのところの不調は一言でいうと「八分は足らず十分はこぼれる」いい加減に振舞っているようだが?「八分目では満足できぬがさりとて頂点に達すれば、今度は下り坂になるなら恐ろしい。だから、どんなことでもいい加減に満足する。

 

いい加減に生きてる私にとって、いい加減で満足するのは簡単である。しかし一生懸命生きてる人は、いい加減ではなかなか満足できないだろう。

 

一生懸命生きて、いい加減で満足する。そんな人生を送りたい・・・・!と入院中に気付かされた。

 

不調はストレスと言う所以は、実は自分の実力以上の相談を受けていた。国内の政治的混乱についてと、特に「戦争がはじまるかも」いうことから北朝鮮金正恩の人物の占いの依頼あり。それは生年月日がなかなか分からなかったが分かっても中国、朝鮮はもともと氣學等の起源の国、自分の正体が分かってしまうので生年月日を二つ持っている。ですから正体不明。

 

問い合わせには「戦争の可能性」には公言するのは難しいですね。ただ「アメリカは言動が自由な国です。しかし、いかなる外国もアメリカを批判するのは許しません」

 

キリスト教徒は「右の頬を叩かれれば左の頬を出します。しかし、キリスト教国家は”右の頬を叩かれたら撃ち殺します」と永田町のお偉いさんに言っておきました。

 

戦争が起こったらどうなるか米国も、中国も、ロシアも分かっていますから「脅しの掛け合い」でも本心は北朝鮮の横行跋扈は面白くないでしょう。

 

そんな世界、国内等、器以上の相談が多すぎたのもストレスから体調不調を来したのでしょう。

 安倍首相、内閣の支持率が再上昇は私の占い通りになったが、この勢いで衆院解散を決断 10・29衆院選が有力 北朝鮮情勢の緊迫化で方針転換 「安保法制の意義問い直す」  

創価学会は「早期解散はリスクが大きい」として慎重姿勢を崩していないが、自公両党の選挙協力を維持する方針に変わりはないという。

安倍首相も衰運期が明けるが好機といえばそうだが時期尚早といえなくもないが、でもポンコツ小池の都民ファーストがもたもたしている時、民進党北朝鮮が追い風になっている。

10月は上昇期に入る。年でいえば来年、戌年はやはり上昇期。安倍さんは運の強い人ですね。心配は体制が脆弱なところです(整っていない。後遺症が残る)。しかし閣内に女性大臣N氏で足を引っ張る人がいる。ポンコツ小池と同等、同レベルでピントがずれているので心配である。

 

 

肺炎に罹り、意外な人から。

このところ、米国大統領選、都議選、英国の欧州連合離脱、松山の活躍、小池都知事に正体等など当たっていたので問い合わせが忙しい。入院はかえって事務的な処理が出来る機会となった。

 

肺炎になって、新潟から弟子が駆け付けてくれた。病院のベットでも弟子が今まで占ったことで迷い、正しい導きであったかの実証しなければならない。

 

おちおち休んではいられない。それには証明すること。事実によって明らかにすることなのだが、中国の文献や私の資料などで普段は「お稽古」をするのだが病院では殆どが口伝で奥義を伝えることになる。

 

熱心に訊ねてくるのだが切り口上になっている。無愛想な言いかたになってしまう。

弟子でありながら私より稼ぐ、預金が一億円という弟子である。

豪華客船でクルーズの旅に行っている羨ましいが大したものである。

 

そういう自分が占いにはマネージメントが下手だと弟子から言われている。でも私には出来ないことなので、自分にとっては風場牛だろうらしくないしね。そういう態度をとってしまう。

 

まあ!この位になると私の教えとは異なって異安心でなければ自由度を与えている。基本を外れなければ良いと言っているのですが、不安な事は遠く新潟、長崎の弟子から絶えずメールや直接電話が入る。

 

「人間は不安の器である」という。まっとうな人生を送ろうとする以上、人が時にいたたまれないほどの不安に陥らないわけにはいかない。「存在不安」が人間の根源的な不安だと言った思想家がいる。「不安常住」を神経患者に説いた臨床医がいる。不安を拭き去ろうと計らえば、不安はますます深く人間の心を苛む。不安を排除しようという想念は、必ずや人に挫折を余儀なくされる。

 

弟子に対しては私の別の面から裏打ちする。立証、解明、明証、論証が必要なのである。

私の弟子に対する態度はこうした論理的に正しい結論を導く必要がある。

 

ああ!入院どころではない。

呼吸器系の薬は強い。胃がやられるのである。

咳や喉の痛み、胸の深い咳の痛み、それは和らいだ。

 

バカですね。今日はゴルフのレッスンに行って来た、

反動ですね。何でもよく解釈する。病があるのなら力みが無くなるのではないかと勝手に解釈をする(トップで左手親指にグリップをのせる意識が微妙なタイミングになる。トップもシャフトが地面に平行になる。これが実に良い。プロも驚くナイスショットの連続)

 

確かに力みは幾分か取れるが、課題を持ってレッスンを受けるが結果は予想通り。かえって鋭いショットが出るのである。

 

人生と同じですね、70歳にしてゴルフでも人生にも力みが無くなりつつあるのが実感している。

 

問い合わせが多くなったのは「太陽フレア」太陽の黒点の活動が活発になると増える。簡単に言うと黒点は磁力が強いという特徴がある。

地球はよく一つの磁石に例えられるが、その磁場などがバリアになっている。

しかし太陽の爆発の規模が大きいと磁場が乱れるなどしてバリアが弱まり、様々な影響が懸念されている。

 

温暖化など気候変動、洪水など世界の起こる現象はこうしたことによる。もっといろいろな事が世界に起こります。

 

皆さん!吉凶とは即ち、磁力、磁場によるのでです。地球の寿命後1000年の筈が今や100年です。

 

磁場、吉凶という意識が今は特に必要です。よい意識は地球、宇宙大のことすら動かします。そろそろそんな世紀末(人類の終末)に入りましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなところにCafé」という店に行ってきました。

f:id:bunsanjp:20170915215809j:plain

<「こんなところにCafé」、左にお寺、右に墓場>

行ってきましたよ。

ゴンジャの帰りいつものコースを外し本門寺に近い暗闇の世界、夜は人通りが少なくそんなところを通ってみると、出会いました忽然とお寺と墓の間にある、今晩分かりました名前は「こんなところにCafé」良いですね。センスと拘りが良いね。言葉の。

 

このセンスがいいと思いませんか。暗闇の中に忽然と存在しているCafé、まだ数カ月のいうので昼間はCaféそのもの、夜は今のところ金、土曜日のみ。

 

へそ曲がりの私にはぴったり!まず、店内のインテリアが素晴らしい、媚びてなく、後で説明しますが、奥さんのセンス。バランス感覚が良い。

一つの個性ではあるがバランス、精神、欲望を抑え込んだ知的でさすが坊主の娘だけのことはある。

 

実はこの店は左隣りの養源寺の娘夫婦が経営している。娘のことを「言ってしまった」自分の思うままに突き進む、この店もそうでしょうと言うと旦那が頷く。

 

料理はそれなりの何々風といえないが、工夫がそれなりにはある。可愛いね。

こんな創業時の一所懸命な姿がけなげでいじらしい。

 

料理はこれというものがあるが、まだまだですね。

第一!生ビールがない、缶ビールだけ。

 

ワインはそれなりの拘りがあるようで奥さんの拘り、知識ということである。

 

料理は学びなさい!とえびす家は薦めた。BACCOは薦めたら行ったことがあるという。

それも和尚である父親と一緒にらしい。

 

また私の分野であるが旦那と奥さん占いに基づく心理分析。

旦那は優しいが頑固、偏屈でもキャパが広い。奥さんは接客向き、旦那は職人、料理のセンスは良い(料理は一口で優しいというのが実感)これからの学び次第。

奥さんは身体は女性だが精神構造は男性、旦那は身体は男性だが精神構造は女性と言ってしまった。そうであると認めてくれたので助かった。

 

明日もやっているが今のところ夜間営業は金・土曜日のみ。それも20時30分まで。

ども創業時のこの姿とは可愛いね。

 

皆さん!私の「こんなところにCaféの紹介です。何人かの方がこのレポートを期待してまっています。明日又行ってみます。でも台風の影響次第ですね。

入院から戻ると人の思いがわかります。自分自身の他人の評価もわかります。

今日入院から自宅に帰ってきました。

秘書(本人が言っています)の新潟に一番弟子が帰ってしまいましたが、総菜など買いそろえて行ってくれました。

そんな時、本当に思ってくれる人が分かりますね。Y一家もそうですがこの家族は偽装家族で私の錯覚の世界で娘の家族と思い込んでいます。この娘とはMちゃんで実の娘以上に愛しています。 旦那は婿になりますが、気に入りません。だって子供を3人娘の産ませたんですよ。許せません。そんな娘Mちゃんが私の入院を心配して食事に誘われましたが、私はMちゃんを独り占めしたいんです。旦那はそれなりに生活の基盤ですから応援しています。

 

でも情としてはMちゃんと孫3人です。

折角の誘いには薬が効いていてだるく、頭も胸も重く断りました。それよりもMちゃんと二人で食事の方が恢復すると言いました。

 

旦那にそう伝えてくれるそうで、楽しみになりました。

 

そう!もう一人Sちゃんという、それも偽装な娘で私はバカですね。ネットで写真を見せて「娘です」と自慢しているんです。

こんな心理状態って何なのでしょうね。

 

でも自分の娘以上に可愛いんです。B店でイタリアから帰って来たSちゃんに思わずほっぺたを両手で愛情表現しました。会える分かっていたのでやっぱりそうでした。

 

私の娘に対する気持、憧れは勿論「見た目」それとバカは嫌です。

会話など、女性には適切な表現ではないかもしれませんが、人として「剛毅木訥仁に近し」意味は「意思が強く強固で、素朴で口数が少ない人物が、道徳の理想である仁に最も近い者であるということ。意志がしっかりしていて,飾りけがないのは道徳の理想である仁に近い」

 

大袈裟な表現かもしれませんが私は男女問わずそれが基準です。

 

二人の名を連ねるのは失礼ですが、私はこの二人はなかなかの人物と思っています。

 

ただSちゃんは「選択」の間違い、自分の価値が自己評価の誤り、そんな、こんなもんじゃないのに。というのが胸の中の光をわからない。非凡なのに平凡に生きている。つまらないと思うのです。

 

二人の大好きな女性を語りましたが、それに比べると男はつまらない人が多い。

自分も含めてですが、Mちゃんは女性でありながら精神構造は「男」Sちゃんは非凡なのに平凡の歩みをする。 私は会社の経営者の単純な基準、評価は「即対応」する。それなんです。どんなに忙しくても対応の遅さは悪さにつながります。

そんな会社の経営者は絶対に経営能力がないと断定します。間違いありません。

 

私の周りに成功された方にそうした方は一切存在しません。

これは会社でも個人でも共通しています。個人的にも幸せは一瞬でそれに対して結果ははっきり出ますね。

 

それと対応は根底には愛情(想いやり、感謝、忖度)の欠如で大切な人には即反応します。それだけの幸せしか掴めません。幾らでも事例があります。そんなもんです人生は。

 

入院明けは忙しい、キャンセルした件での対応です。

今晩はMちゃんからの誘いでしたが、19時ころ些か体のだるさが取れたのでお腹が空いて鶴亀に行った。

 

何とも味が濃い。素人だね。 濃い味より薄味の方が絶妙な気遣いが必要、センスがないが仕方ない。又探すか。 と言うのは池上の「ゴンジャ」の帰り、新しい面白いお店を発見、それがお寺の隣、墓場の隣という立地条件。

 

恐らくお寺の関係者の方の経営だろうが、面白い。暗闇の中に忽然と光輝いて存在するという店である。実の面白い。夜は金・土曜日しかやっていないそうで、自宅からより近いので行くつもりである。

 

最近面白い現象がある。

それは大森に行かなくなってお金が財布に残るのが多い。それだけ使わなくなったのでしょうね。行く店は安いんでしょうね。驚きです。安いなりですが。

肺炎で入院。米国へ気になるKさんに意識のバリアを張る。

ラウンドレッスンの日、咳が出て、胸が重かったままに、熱があったわけでもなく、だるくもなく、そんな調子を軽くみて出かけたしまった。

 

結果は体調のせいではないと思うがバーディーあり、うっとりするほどのショットもあったが、良い悪いが極端でもあった。しかし新しいアイアンはとても馴染んだ。よい買い物をした。打感いい(シャフトが良いのだと思う)

まるで新しい恋人との出会いみたいな心地よい気分。

 

その結果か、一昨日から救急で病院へ肺炎であった。入院である。

娘には遠慮したが、新潟から一番弟子が駆け付ける。絵の生徒のお母さんがいろいろ世話としてくれた(生徒に教えている最中の出来事でそのままお世話に)

 

それでもY君からの依頼などを病院に持ち込んだPCでこなす。

咳と胸が重いくらいで後は点滴を打っているだけなので退屈。それを弟子(本人は秘書と言っている)が仕事を手伝ってくれて遅れなど取り戻す。

 

9月の暦を送り、即返事が米国ノースカロライナのKさんからお礼と、癌の手術の報告が入る。離婚をし、母子家庭でしたが前夫(キューバ系アメリカ人)が執拗に付き纏い、嫌がらせからストレスになり当体患部を構成する細胞組織が可塑性としてある。組織が狂い残ってしまうのである。

 

米国でありながら、暦(方位)を忠実に実践られている。幸せになってもらいたいと私は「意識のバリア」で守っているのだが、効果的なのは私の持ち物がそこにあることで効果的にバリアを張ることが出来る。

 

この件が面白い。実は私の物がないと思い込んでいたが、以前お守りにある由緒ある神社の塩を渡していた。私は忘れていたのだが、だからこの程度で済んでいた。何か小さな温かい物が感じ取っていたのがそれであった。

 

このKさんの場合はバリアを張っていないとこの前夫の闇の世界と手を結んだその執念が恐ろしい力で攻め込んでくる。サタンに身を売っている。(協力を得ている。本人は自覚がないのですが呼んでしまうんです。恐らく夢の中でその世界の方と話しているでしょうね)

 

それには前夫にとっても相当な犠牲ある。それで身体が蝕まれてくる。今後はますます苦しむであろう。

 

それだけに其の執着心は相当なものである。恐ろしいですね。

大きな話になってしまいますが、世界が混乱しているのはテロや原爆やミサイルが好きな国の偉い人などは闇の世界「サタン」が活発に力を発揮してきているのです。

 

それと堕胎による水子が多くなって浮遊霊としてわれわれの生活している周りに影響を与えているんです。「この世で一番罪なのは自殺と放火と堕胎です」

 

原子力発電所は。核エネルギーや原子エネルギーを利用しています。これはある意味、ある学者は「便利さの追求から悪魔と手を結んだ」と表現していました。私は闇に世界と手を結んだ結果、事故はますます起こります。それほど私達の世界には闇の世界が蔓延っています。すぐ隣にいるんです。

 

とんでもない話に進んでしまいました。この位にしておきます。

 

思うようにならないゴルフ。何事も思うように行かない。

忙しい中でゴルフのラウンドレッスンに行った。心に引っかかるものがあると結果が物語っている。極めて不調。

 

プロはところどころでバーディだと褒めてくれますが、イメージ通りではない。ゴルフでは確率の高いものを望み過ぎるのであろうが、その最大の欠点は「力み」である。

 

結果、上体の力みの為に右足打ちももに痛みが出るようになってしまった(歳の割に練習のし過ぎもあるが)

水曜日のレッスンでは力みを取ることを課題にする。(まずは、グリッププレッシャーをゆとりを持って、バックスイングからトップ、ダウンスイングで保つこと。(右足内ももの痛みが、そうせざるを得ないでしょう)。

 

スムーズな力みのないゆったりとした「スイングを出来る人は一つの才能だそうです」。

 

神奈川県方面にメンバーコースを持とうかとも考えています。いつでも行けるので名門でなくてもいいんです。理想的なのは電車で行けるところなんですが、元が取れるのかは疑問ですがね。

 

さて、帰ってみれば9月の暦の作成、洗濯をしながら、そしてスキャンで送信する。コメントを加えるので大変なんです。

 

そして未だに都議会選挙の自民党の後遺症。訪ねてくるので忙しい。

安倍政権は「息を吹き返す」と断言しています。皆さん驚いています。これは占いというよりも日本社会は、ベンチャーのような未知の新参者よりも馴染みの人間の再チャレンジを応援する面があるからです。

 

安倍政権は一気に支持率が下落したとはいえ、僅かな期間に何があったかといえば、特に失政と呼ぶべきものがあったわけではなく、景気が悪化してわけでもなく、外交上の問題があったわけでもない。ただ政権の近辺で、それ自体は殆ど取るに足らない出来事が生じたに過ぎない。森友学園問題から加計学園問題、更には豊田真由子議員のとんでもない発言、稲田崩美防衛大臣の失言と続き、それが都議選での自民党の大敗をもたらした。

 

結果の大きな要因は小池都知事の魅力と言うよりも「他に選択視がない」という消極的な選択です。小池氏は大嫌い!人相が良くない。気味が悪いくらいしたたか。そのうちぼろが出る。(支持する人に共通点があります。軽い、浅薄な人間がそうである。でも残念ながら私の身近な人間にも多い)

 

強力な政治的リーダーシップとは一面独裁的である。「安倍一強がなぜ悪い」と思うんですが、能力はずば抜けているんだから、弱いものは批判するよりも、むしろ何故自分たちが弱いのか考えるべきです。

ただ驕りを生んだという意味でも政治において野党の「弱さ」はそれ自体往々にして「悪」になる。

 

政治家としての安倍首相の最大の欠点は、情に流されやすいところではないでしょうか。安倍首相自身は一貫として「情」とか「人間的なつながり」にこだわる傾向が強い。

 

昭恵婦人は特に政治的な信条など何もない。漠然と良いことをしたい、困っている人が居れば助けていと思っているだけです。思想的には興味深いものがありますが(例えばスピリチュアルな世界を信じている)

 

ある雑誌に面白いことが書いてあった。

若年層、特に20代の自民党支持率が高い。その理由としては、彼らがニュースや政治に関心を持つようになったのは、民主党政権が誕生した2009年でしょう。この時、現在の20代なら当時は12歳、現在30歳ならば22歳です。

民主党への期待が2009年をピークに下降する一方の記憶しかない。

 

不幸な事に東日本大震災も重なった。どの政党が与党であっても混乱したはずですが、民主党政権の対応は醜かったものとして記憶されてしまった。

 

そして2012年に第二次安倍政権が誕生すると、株価は上昇し、失業率も低下した。今の若い層にはそうした安倍政権の安倍政権の所与の風景となっている。

 

次の表現も面白い。安倍政権の業績はオール五ではなくとも、三か四。民主党政権が目標の大半を達成できなかったに対し、少なくとも目標を設定して実現するという意味では合格点。

こういう政権維持能力の高さを若い世代は感じ取っているのだと思う。

 

以前にも言いましたが安倍さんは現在党内で「安倍降ろし」が囁かれているようですが、安倍と言う人物は「人が支えたくなるような魅力をもっている」のです。

 

でも今回は安倍さんの悪い面が出てしまいましたね。支持率なんて特にA、M、T新聞などは信じてはいけません。とても作為的で「安倍政権を陥れるなら何をしてもいい」といいう指令が出ているようです。マスコミは最大の権力を持った組織です。恐いですね!その影響力は恐いですね。

ゴルフで人間性が解ります。それで人はそれぞれ適齢期があるのです。

明日はゴルフのラウンドレッスン又長太郎CCであるが、いろいろ試行錯誤して週ニ回のレッスンでも必ず課題を課題を持っていく。

未だに課題はどうしてもトップの位置がアウトにずれる。要するにボールを打ちにいっていること、やはり力みですね。

 

あるアメリカのレッスン番組で「力みがないスムーズなスイングはそれは才能」である。と言っていた。そうだろうな。

 

私はビデオを見ていてもトップでグリップを握り直す(強く、力みです)と言うのは手の甲がかぶる。(私は毎回レッスンでビデオ撮りをする)欠点なんです。

でも大丈夫です。いまドローボールが打てるようになったのですが、それがまだ身についていないとう状況です。

 

実はアイアンをまるで骨董品のスポルディング(200セット限定品)を愛用していました。

それがヘッドは今のクラブにしてはとても小さい。今回ダンロップのゼクシオ(ガーボンシャフト)を購入しました。

 

私は顔で選びます。いい顔をしています(美人ですよ。私好み)。5番~AWまででSWの購入は迷っています。今ウエッジだけでも6本ありますから。でも永い間使用したスポルディングのウエッジは思い切って仕舞い込んでしまいました。今はクリーブランドのAWとSWを使用。

 

でも驚きはスポルディングの8番がゼクシオの5番くらいのヘッドの大きさでとても安心感があります。まず打感がスポルディングとは全く違う。でもどんな簡単と言われるクラブでも芯(スイートスポット)は芯です。意外と金属音的な音が心地よい。

又ラバーグリップが格好良いんです。白ですが何ともいえない色なんです。

 

このスイングではドローとストレートがですが、まずビデオではこのスイングですとトップの位置が移動しません。

後はラウンド経験ですね。パットはその点はっきり出ます。

 

ゴルフ友達を増やすことを今後考えなくてはなりません。

 

占いの相談者と弟子からクレームがはいりました。

それは「最近のブログはゴルフばなりですね」。と。その理由を理解してくれたいるのですが、如何せんそうも行きません。

 

このところ整体のKさんが暦(吉方取り)をされるようになられました。

それは公開するべきものではないのですが、私のいう衰運期に入られます。私の周りには衰運期を明けて順調な歩みをされたいる方々がいらっしゃるので自信を持ってお薦めしました。そうすべき理由があったので。

 

このKさんもラウンドレッスンをして性格を把握しました。こうだからこうなったのだろうとも思いましたが、御本人には「その人の幸せを掴むのは人それぞれ、年齢とそういったものではありません」そうした最高の運気が3年後と言い切りました。 怪訝そうなお顔をしていましたが、成長と言うのはリズムはそれぞれに違います。 事例として言ったことは50代で初婚、お相手の女性も40代、でも最後のチャンスと妊娠、男の子を授かり、私が名付け親、その家庭を訪ねる度に羨むのです。

 

適齢期とは人によってそれぞれです。