読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元の木阿弥。

ボランティアで知的障害者のお婆さんのお世話が終わり、家は帰ればやることが沢山ある。洗濯が溜まっているのでやらねばならぬ。

温かくなって冬物なども洗濯とクリーニングに出さなければならないので整理するなどやることは一杯ある。季節の変わり目は毎年そうだが”モノに丁寧”さを大切にしている。

 

そんな整理整頓をしていると身体に電位(エネルギー=潜在すること。また、可能性としての力。物理的表現ではあるが、位置のエネルギーのように、物理的な場が、物体に潜在的に与える働き)が生じる。

 

そうすると忽然と散逸していた資料、ずーっと所在が分からなかった写真(最初の奥んとの思い出と子供の)が現われる。きっとこんな時は奇貨を居(お)くべしとでもいうのか、得がたい機会だから、うまくこれを利用しようとしなければならない。

 

「奇貨を居(お)くべし」とは面白い。出るは出るは(大袈裟だが)珍しい品物は買っておけば値上がりするかもしれないというものと、ある貴金属(言えませんが)が出てくる。

 

こういう話は面白いが止め時ます。

 

さて、生活感まる出しのルーティンが終わると、仕事の戻る。

今回の仕事は全てにいつものペースとは違う。何故か作品を見て採用を判断する立場である。でも職人ですね、ラフスケッチですが、打ち合わせ、採用の理由を説明に使っている。

 

そんな時は「やっちゃう!」という、私の造形語である。こう描きたい、こう描くべだと思ったことは躊躇わずそう描く。遠慮するな。無我夢中でやればよい。という、れらの一切合財を含めたのが、授かった能力にある。

 

「本来無一物」ということが、基底にある。と思うと気楽である。

こんな気持ちでいると「老いが寄りつかない」今回の仕事の立場の欲求不満である。「何くそ!」とある。

 

前回も言ったが、若手の描き手は若いのに名門名利(社会的地位や財や評判ばかりを追求する人生をさす)に駆り立てるのであろうか。

 

「名門名利」はあだばな(徒花)に過ぎないのだが。咲いても実を結ばない花。外見華やかでも実質を伴わないもののたとえにもいうものである。

 

悍馬(かんば)がイタリアから帰ってくる。敢えて相当難しい言葉でぼかしていたほうがいいのでそういった表現をしている。激しい言葉だが二番目くらいのやや柔らかい強さをいっている。

 

はっきりした自己表現をした眼鼻立ちをしている。並みの素質ではないのだが、もったいない。厳しい世界を選んだので仕方ないがどういう人生を今後歩むのか。

 

ずっと話が逸れるが、大森駅ビル地下から一階にエスカレーターで昇っていると両側一面に鏡になっている。

髪型をショートにした自分の姿を忘れて「ポコン!」と腹の出た若作りのオジさんが映ってる「かっこ悪い!醜い!」とバカにしてうす笑い。

 

フッと、気がつくと何と己れの姿でわないか。恥ずかしくなった。

 

何とかしようと幾つかトライしたが、特に食事制限は真っ先に放棄、ストレスを溜めるよりも美味しいものを食べていた方がいい。結局挫折、元の黙阿弥。

 

 

 

 
 

 

 

「寿命」というものを考える。

聖書の中にも、寿命は、ギリシャ語の「ヘリキア」という言葉が出て来るのだが、この「ヘリキア」もなかなか含蓄のある単語だ。気になって調べると。

それは「寿命」と同時に、「背丈」と、「その職業に適した年齢」という意味を持っている。これらは、どうすることもできないものとされてきた。

人間個人の努力でも近希望でもい、動かせない要素ばかりだ。「なせばなる」ことの不可能なもの、死に先立つ運命である。

どんな才能のある人でも、引退はある。誰もが人間そのものを止める時さえ来る。それを私達は死とか寿命というのだが、新約聖書の言語であるギリシャ語では「ヘリキア」という言葉で当てられている。(曽野綾子氏の言葉から)

 

老いるということ。を素直に捉えよ。と言うことか?

 

 感受性が徐々に死んでいってから、次に肉体が 死ぬのがよいのだろう?といわれてます。 精神はいつ迄も若くても、肉体の疲労感がついて行けないときが、必ず来るのだ!

 

それが 生まれ落ちたその日から 次は『死』へ向かっての 旅立ちなのです。

 

 めでたい、めでたいといって立てる門松は、死出の旅路の一里塚といわれているのをご存知ですねぇ~しょんぼり!

 

朝、覚醒すると仕事で徹夜以外は不安感が襲う。

それで必ず思うことは「いつまで仕事が出来るであろうか」「健康に対する不安」こんな時は独りぼっちはとても辛い。 そうすると上述の思い(寿命)が全てを脳裏をよぎる。

 

仕事で絵を描くことはそうした不安感を忘れさせてくれていたのでしょうね。それがその時私は見栄を張って。「もう描けない」などというかも知れない。しかし実は「もう描けない」のである。そしてその時は必ず来る。

原則は一つだ。描けないときに無理をして描くことはない。

どの仕事の分野でも同じだ。そうなっても多分、私は静かに座り思惟する。私にはすることがなくなったわけではないのである。

どの仕事にも、いつかはそれが終わる時がある。

私はこの頃、肉体の死に先経つ立つこの精神の死に方にも、あまり抗わない方がいいと思うようになった。

順序としては、まず感受性が徐々に死んでいき、次に肉体が死ぬのがいいのであろう。

 

ホテルのバーで似非紳士を振る舞う。

大きな仕事が入りました。 それと独り住まいの叔母が自傷行為未遂で交代で見守っています。

 

仕事はとてつもなく大きなプロジェクトでその一翼を担うのがむしろ名誉なことで、余り儲かりません。でも忙しくなりそうです。

 

今日はこの数日雨の日が続きますが、土・日は知的障害者のボランティアで入浴と食事のお世話に行くのだが、正直6時に起床し支度をして出かけるのが辛くなってきた。

 

正直、雨降りですと合羽をを着るわけですから、億劫ですね。それに自転車がこの頃恐い!バランスを失うと踏ん張りが以前の力強さがない。

 

慌てて四股を踏んで上下50回(最初は精一杯)それが100回になり、200回を目指す。いま真剣に検討しているのは加圧式トレーニングです。

 

松山秀樹のような下半身どっしりとしたものが欲しい。70歳にしてゴルフの為に。

 

それで唯一のんびり出来たのが今日(日曜日)、ボライティア帰り買い物をして、雨ですから出かける気にもなれず、これから忙しくなるので普段出来ない細かいことをすることにした。

 

例えばシャンプー、ボディシャンプーなどの詰め替え、洗濯、恥ずかしながら冬は下着も股引(ももひき)風を履きますのでそのゴムが緩んだのを交換(マメでしょう!)

 

服が並みの量ではないので整理整頓、忘れている物も出てくる。、

 

時計のコレクションので希少価値(殆どがレトロ調)があるもので皮ベルトが剥がれてしまったのですが、時計屋で交換とはいきません。ベルトを含んでの価値ですから、接着剤で修理をする。

 

トイレ周りの細かい汚れをタワシでこすり落とす(風呂場との境などの水垢ですね)隅っこですが丁寧に。

 

すると仕事先から打ち合わせをしたいと日曜日なのにと気が重い。

 

新宿のホテルで待ち合わせ。ホテルのバーはラウンジが満席の時でも神殿のように森閑としている。

そこで我々も似非(えせ)紳士として静まり返っている。似非であろうが無かろうが、当人は紳士のつもりでいれば、バーもそのつもりで扱う。他の利用客である諸氏も、そのつもりで神妙にしている。いかがわしいといえばそれまでだが、皆心地よげにしている。アホらしいが仕事そっちのけで眺めていた。

 

何故かこんな場所の方が小声でも打ち合わせは捗る。

あのまま家でいるよりはかえってホテルのバーもいいものだ。自分が田舎者(似非というのが)の意識でそこのいたのでそれこそ外国へでも行った気分であった。

 

今回は立場は今までとは大分違うので自分以外の作品を見ることが多い。そうなると作品に匠気が見える。(市気というのか)技術、技巧を凝らす気持ちが見えてくるのは以前にない気分である。

 

年齢でしょうか。いわゆる市気匠気のある芸術家が多くなりました。立場が変わったからなのか。理想のない技巧家と称して人の歓心を得ようとする、おもねる気持ちというのでしょうね。

 

以前言いましたが、芸術は快感の秩序化であり、ただ芸術とは何事が突出している。趣味(センス)がいいというのは、出来るだけ無個性なものとして抑えざるを得ない。芸術は自己を主張しすぎる。

生活を一変しようとしている。

f:id:bunsanjp:20170405120401j:plain

えびす家を軸に生活を一変しようとしている。

BACCOはスタッフはとても良い。お客さんは好き嫌いというレベルでは語れない。それだけ私の世界と時間の経過が異質で私の場所ではないということでしょうね。 全てではないのですが、人種が違うような気がします。数人ですが、無愛想で微笑みがない人、それは仕方がないのです。年齢差とBACCOの常連さんですから。そこだけに来る。

 

意外とそうした女性はストレスが溜まります。気を遣います。疲れるところは避けます。

我慢したり、忍耐強くなくなったのでしょうね。

 

さすがに、えびす家でもありますよ。まあ!私みたいな者でも大切に扱ってくれる心地よさがあるから行ってますがね。

 

嫌いなご夫婦(奥さんだけですが)来れば早々に帰ることにしている。克己心に打ち勝てなくなりました。

 

でもね、いいこと楽しいことばかりはないですが、こうした嫌なことはその人に何かを教えている。鍛えられているのですが、超克という、それに打ち勝てません。

 

それで「癪に障る」事が多くなった。

 

腹が立った時には胸や腹が痛むことから、こう言うようになった。 「障る」と「触る」は同源ではあるが、「癪」は体の部位のように触れられるものではなく、「癪」という病気になることを表しているので、「癪に触る」と書くのは間違いである。 「積」に「病垂れ」で「癪」と書くのは、辛苦が積もって起こる病という意味から作られた和製漢字。

 

腹が立つ。気に障る。癇(かん)に障る。ということである。

 

自己コントロールが下手になったのです。家に帰ると下痢になってしまうことがある。

 

最近は毎朝、血圧測定をするようになった。表を作り書きこんでいる。それは周りが血栓ができて脳梗塞に罹患した人がいて、ネットで調べました。

 

そうするとコーヒー(外人はだから脳梗塞など脳の病はないそうです)一日3杯以上、あと納豆がいいそうです。

 

そのコーヒーですが、毎朝ドリップ式でコーヒーを淹れて(煎れる)います。

(1)「煎(い)れる」の意味

 

「煎」という語は、「薬草を煎(せん)じる」という用法に見られるように、

お茶の葉を、火にかけ沸騰させたお湯の中に入れ、煮出してお茶を

作ることを言います。

もしこれをコーヒーに当てはめるなら、パーコレータやターキッシュコ

ーヒーの抽出過程が似ていますね。

 

(2)「淹(い)れる」の意味

 

「淹」という語は、現在普通に行われているように、火から降ろしたお

湯で、急須に入れた茶葉を浸してお茶を作ることを指します。

これをコーヒーに当てはめるとプレス式が近いですが、広義ではドリッ

プ式でも大丈夫そうですね。

 

(3)「入(い)れる」の意味

 

上記の「淹れる」と「煎れる」の両方の意味を兼ね備えているのが、

「入れる」になります。

「入れる」はコーヒーを「作る」の意味だけでなく、カップに「注ぐ」

という意味でも使われますので、一番無難な表現だと言えるでしょう。

 

ちなみに「淹れる」と「煎れる」は、常用漢字(※)ではありません。

つまり「入れる」だけが、義務教育課程で学習する漢字ということにな

ります。

 

常用漢字とは、個々人の漢字の使用を制限するものではありません。

しかし、不特定多数の人を対象にした情報の場合は、常用漢字の範

囲内で記述される方が好ましいようです。

 

(参考)「点てる(たてる)」の意味

 

湯を加えた抹茶を、茶筅(ちゃせん)で手早くかき回すことを「茶を点

てる」と言います。

この意味からすると「コーヒーを点てる」という表現は、ちょっと苦しい

感じもします。

でも、お茶を点てるようにコーヒーを入れるという気持ちが伝わってき

て、これもまた趣のある表現かも知れません。

 

このコーヒーをドリップ式で入れると心が落ち着くんです。実は私は紅茶党なんです。

それが宗旨替えをしました。でも美味しいとは思ってはいないままに飲んでいます。

 

こんな最近の心境ですから、健康面と精神面を鑑みてそういう方向性になったのだな。と思っている。

実は私は人間嫌い。稀代の厭人主義者なんです。

f:id:bunsanjp:20170403200717j:plain

<私の原点、銀座みゆき通り>

西習志野の叔母が独り暮らしの為、転倒による怪我、最近はノイローゼ(孤惸=こけい、による。孤独ですね)で自傷行為がありました。

後妻で前の奥さんの子供と裁判中でちょっと複雑。叔母は繊細な方で頭脳明晰、学級も特進しそのころは珍しく医者を志した人です。

 

そんな叔母を交代で見守っている。殆ど私とご近所の(生け花の先生だったので)お弟子さんが面倒をよくみてくれる。私のことを夭折した母に代わって祖母と叔母に育てられた。

 

その恩返しでもある。苦しむ叔母をみていると心胆を寒からしめたいくらい腹立たしい。

 

厄介なのはこの子供たちの嫉視であった。私が叔母の世話を焼くほどに叔母の財産を狙っ

ているというのである。

こうしたことはよくある話し、思弁性や論理から人間の知識による概括的に見るほど間違ったことはない。

 

人を見るのに勝手な概念を作り上げ、人間を紙細工のように見るアホ臭さに腹が立っているのである。ニセ概念化それをもって相手を当てはめようとしがちである。

 

巻き込まれたくはないが、世話は世話、見守りは見守り、弁護士を通じて偵知したが欲とは恐ろしい。法律的なことでは何の権利もないが、叔母と養子縁組をしないと相続権はないのだが。ご主人が叔母を愛し、相続したのだから何を望むのか。

 

全く瑕疵(かし)が無いのだから、私のような人間には分からない。

 

占いなどで相談者と接していると、時に人間嫌いの陥ることがある。実は私には厭人癖(えんじんへき)がある。ブログをよく見ている方はお気づきだと思いますが「稀代の厭人主義者で人間の醜悪さを呪い続けている。そんな一面があるのである。

 

関わりの中でも去って行く人も、近寄りがたいのか見抜かれていて恐いのか(芸能人に意外と多いんですよ)、商売ッ気が無いのだろう。実はそんな人間嫌いが占いに意外と生かされているのであろう。本当に人間大嫌いです。

 

そして私は、実際、ナルシスティックな人間である。人も言う。小さな時の伝説はそれを殆ど、そのことを証明する為にあるようだ。余り言いたくないので止めます。テディーボーイとでも言っておきます。

 

叔母の習志野へ向かうことが多くなったので行動が以前とは違って来た。

それで大森に留まらず、浅草への思慕を絶ち切り、私を育ててくれた銀座に行ってみようと思っている。

 

独りは寂しいが、というのは最初の奥さんとの思い出が一杯なので、どんな思いがよぎるであろう。今まで一番行きたかったのに避けていた理由はそんなところにある。

高校生でしたから。みゆき族の一期生でした。

 

でもね!何か思い出に会えるような感覚器官を通して感ずるんです。何か素晴らしいことが起きそうです。

平凡で単純な日々を求めて。

此の頃、平凡で単純な日々の繰り返しを望むようになっている。

確かに私は占い、絵描き、介護のボランティア(土日曜日)など占いでは相談内容も複雑極まりない。

 

政治家、芸能人、闇の世界の人、不動産など億という金額にも関わったりもする。大きな失敗もなく、こんにちまで過ごしてきましたが、私の周りの目は変人という、いわば騒々しい存在のようだ。

 

そしてそれを避け平凡、、単純を望んだのだが、普通の人は秩序好きな空気中にいる。私は極端に言えば快感の秩序化である。何事にも突出しているが、突出してはかえって趣味が悪く、素っ頓狂である。

 

自己を主張しすぎる。些か匠気が見える。

漱石は「余は下宿に立て篭もりたり」 しかしこの頃は心地よげにしている。狭いが我が家にいることが多いのだが、整理整頓、気分としてはまるで神殿のような霊気が漂っている。そして森閑としている。

本も読みに読んで耽読といった環境作りをしている。

 

「血を以て、血を洗ふが如き手段」である。今の自分を何たるかを知ろうとしたのである。

 

そうなるとさすがに極親しい相談者からは「先生!長いお付き合いとさせて頂いていますが、一面人情深いが、反面、ざっけなく感じるのですが」と言われてしまった。

そんなに変化があるのであろうか。

 

正しい言い方か分かりませんが「爾汝の交わり」という慣用句があるが、そうであってはならないという理由で言葉が慎重になっているらしい。本当は今年の課題が「言い過ぎ、やり過ぎ」を指導霊から指摘を受け気をつけているのもそういった感じに見られるのでしょうか。

 

今年は年初から支出が多い、殆どが「手元不如意」な方への援助が多く、年初に今年を占ったときに「意の如くならず」という年で又「不如意な結果に終わる」と占った。

要するに経済的に苦しい人を救うということである。

 

でも今選んだ環境は沈潜した心情を露悪的なほどに要するに正直でであった。まあ!こうしたことを賞翫(しょうがん)しているのでしょう。

 

自序の中で露骨すぎるほどの正直さをもって、憂憤を吐き出している。自ら卜(ぼく)したことですからね。

 

しかし心境は複雑で朝、覚醒をして陥る不安感、いったい何?不覚にも別種の感情が込み上げて来て、自己憐憫、自己嫌悪、劣等感という傷は如何に深いか、端から気づいていないに違いない。

 

「もういいや!」「ここで落ち着かせて後は保存です」という安定線にとても達していないという飢渇心理がある。恐らくはまだまだ変化するに違いない。

 

元に戻すと異世界、異空間に旅をすると(大袈裟ですが)金殿玉楼を見ることが喜ぶが、しかし戻って来て我が家の安楽椅子に腰をおろしたとき感ずるのは、結局、我が家ほどいいものはない。というものであろう。魚が、自分の魚巣に感ずる気分である。今は。

 

 

ユーチューブの内容に驚き。困ったときほど人の価値が分かる。

https://youtu.be/u3i1slgrx9U   (ここをクリックすると画像が出ます)
<ゴルフスイング改造№3。だいぶ右サイドで振れるようになった>

驚いた、ユーチューブで新聞や雑誌などでは味わえない内容がふんだんに盛り込まれている。実に楽しい。

それが問題が出てしまった。私のアイパッドipad)がユーチューブを観るようになると契約時の7ギガを超えてしまって、全ての動作がスローダウンしてしまった。

 

実に不便になってしまった。ギガ数を増やすには当然お金が掛かるがどうしようか?単なるアイパッド(携帯も同時らしい)に掛けるのが、否こうしてPCで十分覗くことも出来るしね。

 

どころで驚いたのがユーチューブで政治家の在日韓国人は29名いるということである。分裂前の民主党時代には3人に1人がそうだったらしい。

 

圧倒的に民進党が多いが、意外な人にも驚きである。数人の方がそのリストが欲しいというので先ほどプリントした。

 

さあ!今日は火曜日、久しぶりの休みである。火曜日、木曜日は絵画教室(主に美大受験生のデッサンを個人レッスン)ですから火曜日は本当に久しぶりなんです。

 

どうしようかと思う前に洗濯ものが溜まっている。大袈裟だが、これも嫌々でも乗り越えないといけない。こんな時は奥さんがいると良いなとも思うのだが、独りの気楽さはこれは中々味わえないが、孤独感に襲われることもある。それは70歳という年齢と病ですね。

 

最近は整体の先生の薦めでゴルフを28年振りに復活、スーポーッジムなどは何度か会員になって失敗をしているし、退屈でまだゴルフの個人レッスンに通う方がずっとずっと楽しい。

 

やっと洗濯が終わり、干して、乾いた洗濯ものを畳んでその作業が終わった、すっきり感も捨てたもんではないがこうしてPCに向かっている。

 

今晩は銀行カードを落とし、再発行まで印鑑で引き出す手間が億劫、それで二日間が4000円の現金で過ごした。最後は750円仕方ない銀行で引き出しに行くか。

 

と覚悟を決めていたが、何となく予感があってとうとう書留で届いた。「助かった!」 その前にT夫人からえびす家にブログをご覧になって阪急のお総菜が届けられた。

「実に有難い!」気のきいた心遣いである。その中身がである。

 

今晩折角の休みだが、そのお惣菜を食べようか。恐らく涙が出てしまうであろう。

 

こんな心遣いが最近味わったことが無い。人間関係というのはいろいろな形があるが、人妻であるが好意以前の人と人の交わり、高貴でエレガントです。

 

ご主人には実は不思議な思いがあるがご本人には言ってはいない。それは私の親友で同様にK大学を志し、私は失敗。彼は進んだがそれから距離が出来てしまい。

 

私は絵の道へ進んで益々離れてしまった。それが全くKボーイタイプで私の方が成績が良かったのだが落ちてしまった。二人の夢でもあった。(中学生迄は私は医者を志していました)

 

私はT夫人は何十年振りの再開した場所で心が騒いだ。好みのタイプなのだが、そんな軽々しく話しかけるような人物ではない。余りにも聡明な心がキラキラしてその再会の場を避けるようにした。

 

回路がショートしてスパークが飛んだ。私の様な汚れきった心の持ち主はとても触れることすら、傍にいることすら出来ないそんな思いでいた。

 

すると、えびす家で偶然と再会。ご縁というものはそんなもんである。

今回のお総菜も気配りの最たるもの、極みである。そんな私の印象(俗にいえば近寄りがたい)は間違いではなかった。

 

運命は素直に受け入れ、えびす家というのはそんな濃厚な縁を繋ぐ店でもある。