ゴルフレッスン場所が最悪の方位。方位除け対策。

 

f:id:bunsanjp:20181207203442j:plain

<「トマトと卵のオリーブオイル炒め」トマトが良いとなると直ぐにトマト料理をしました。でもトマトは結構高いのです>


流石に年末だ、仕事が忙しい時の方が仕事先、知り合いからの忘年会などのお誘いが少なかった。否今年は多かった。今思えば不思議な事です。

 

恐らく私の仕事上故に周りがよく知っているので無かったのかな。と思うのである。

 

ところが仕事も少なくなり、年齢ならではの周囲の環境変化がそうするのか、利害も絡まず、心から「忘年会でもやりましょうよ」と誘ってくれる。実に温かいお誘いである。

 

でもかえって昔よりも計算すると出費が多いのに気がつく。そのくらい誘われる。

 

嬉しいのか、楽しいのか否喜ぶべきこのなのであろう。

 

喜ぶの質が変わったのた。生き甲斐とは言わないが。

 

世間が狭くなったのは事実だが、残りの人生が健康面では食事もすっかり健康的で、運動はゴルフの為に股関節体操、スクワップ(30回×5~6回)、独特な(叔母の針の先生の教えてもらった。腹筋な(100回×4~5回、腰を痛めない腹筋運動)、クラブを背に捻転(100~200回)実に規則正しい生活である。

 

気が付いたのですが、老人弁当(動物性タンパク質、塩分控えめ)の弁当が5食分、週一回届く。すると「食べなければ!」とその為に外食がめっきり減った。

また5食分届いてしまうので、この追われる気分は意外と結果的に良かったのではないか、と思うのである。

 

あるゴルフ仲間の女性Mさんとメールのやり取りで、この生活を「自主トレーニング」と言われてしまった。笑った。

 

実はゴルフレッスンがプロのラウンドレッスンの都合で3回くらい中止になってしまった。それ故に自主トレーニングに替わってしまったのである。

生活のリズムが狂わないように体調管理をしているだけなのです。正直には生活のリズムが狂ってヤケ気味でした。

 

やっとレッスンの日がやってきました。寝不足気味なのに興奮気味、蒲田駅前ゴルフの方位が五黄殺⇔暗剣殺なのですが、「方位除けすればいいや!」と向かうが、案の定まず一回目は信号の無い交差点で乗用車が突っ込んで来て、急ブレーキ。短気な私は「交差点で何であんなスピードで突っ込んでくるのか?」と怒鳴りつける。

 

サラリーマン風な若い男が喧嘩越し、「お前ね!ここに警官がいたらお前が悪いことになるよ。免許証が汚れるよ」と言うが胸倉を掴まんばかり、住宅から数人が出て来て男は自分の立場が悪いと啖呵を切って車に乗車逃げて行った。「バカ野郎!怖気づいたか?逃げるのか」「格好つけんな!バカ!」で終わりました。

 

でも本当に昔に比べると大人しくなりました。本当なら、殴らして、殴繰り返していた出よう。私はいつもそうしていました。

 

今度はレッスンの場所の方位除けの為に行っている。その行為(南が最悪の凶方位なので西に行って、レッスン場を東の方位にする。その為に決めた場所が西にある。

そこの貴重なベンチ(京急の高架下なので何もない。ホームレスがいる。それはいい!そこで自動販売機でジュースを買い飲むことで西の方位が固定化する。それが自動販売機が故障中!これが最悪の方位ならではなのである。

 

何とか探してジュースを飲みましたので西から東へと方位除けに成りました。

 

何とかレッスンを終え、買い物をして帰宅。弁当があるのでそれを考えた買い物をする。そうなってしまうのが今日この頃の生活パターンである。やはり酒はよく考えて焼酎にした。

 

でも物足りので一品調理をしました。

これも健康にトマトがよいということで当分はトマトに拘ります。

 

「トマトと卵のオリーブオイル炒め」

 

卵を割りほぐし、フライパンにオリーブオイル大1を入れ大き目の炒り卵を作りお皿に取り出す

同じフライパンにオリーブオイル大1をいれ一口大に切ったトマトを入れて中火弱で焼いてサッと火が通ったらチーズを入れる。

弱火にして焼いておいた卵を入れ、サッと混ぜたら完成です!お好みでブラックペッパー、パセリをかけて。

トマトは完熟している方が美味しいです!私はチーズ好きなので、多く感じる方は加減をしてくださいね。しっかり味が欲しい方はとき卵に白だしを少し入れるとGOOD!(私はしっかりした味が好きなので薦めます)

 

あちこちからたくさんのトマトをもらって、生で食べるのも飽きてきたので(><)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ地球人としての原点回帰の時がおとずれます。一陰陽師には力及ばず。

まあ異常に気にし過ぎるきらいがある。年齢からくる不安というか恐怖感というか、今まではそんなことは度々あったことなのだが、実はポカット忘れてしまうことがある。

 

怯える心が落ち着くと「なんだよ!今までも今よりも度々あったことではないか」と自分を納得させている。

 

ゴルフも普段の生活も、昨晩パソコンがセキュリティ面の問題で最初にレッスンを受けた先生に出張を願った。「川嶋さんは昔から完璧主義ですね」そうなんです。

 

何か出来ないとか、忘れると異常に自分を責めます。キッチンの備忘録(メモ)を見たでしょう。買い物すら忘れると気になって仕方が無いのです。

 

例えば前回、豚汁が今一でしたのが気になって、またチャレンジをする。何が原因なのか、何が足りないのか。たかが!とお思いでしょうが性分です。

 

今朝も4時に夢でゴルフスイングで閃(ひらめ)き、脱兎(だっと)の如く飛び起き、大鏡の前でスイングのチェック。

 

激しいのか、自分で4時に起きてスイングチェックとは呆れる。人格を陶冶(とうや)するということは出来ないのであろうか。人の性格や能力を円満に育てあげる。そんな取り組みが出来ないのであろうか。生まれついた性質や才能を鍛えて練り上げることが出来ないのであろうか。

 

激しさ故に悟るとその喜びは大きいがゴルフというスポーツは奥が深くて、父に剣道や居合いを薦められたが居合道があるならゴルフ道ありで後数年で恐らく私の環境が大幅に変わる事を考えると来年いっぱいである程度極めたい。

 

久し振りに選挙が近いということもあり、お役人、政治家の秘書などの訪問が続く。

お役人にはモリカケ?とか言うのを面白い話しを聞くこともできたが、私の40年近い経験則から言っても、モリカケ財務省?よく分かりませんが、あんなことは簡単です。官僚は上には必ず知らせます。官僚という生き物は根っからの小心者なので、誰かの同意を取らずに、単独で動くということはありません。

 

新聞だか雑誌に官僚は「自動忖度装置」だと上手いことを言ってました。

 

私も政治には、いまだによく関わっていますが、役人は大嫌い。看板が無ければ何の人間的に面白みが無く、自分中心で嫉妬深く、看板と学歴だけが支えで生きている。自分より優れている面があるとその嫉妬たるや愚かとしか言いようがない。錯覚人生で自分が分からない。

 

又選挙時期になると政治家と接触することになる。

大田区の地元の衆議院議員の秘書に「先日、障がい者(障害と書かない。くだらない!))の集いで先生から挨拶を受けたが、以前のオーラが無いね。今度の衆議院選挙はダメでしょうね」と言ってしまいました。この議員は石破茂を支持。

 

「だって!ちょっとピンとがずれ始めて来た」私の相談者に中にも都議会など何人もそんな議員はいます。この議員数名は小池知事、都民ファーストを支持。

大反対したのに今は後悔しています。

 

両方とも○○○臭いという動物的な体臭がする。だから一方は化粧が濃い。一方は顔が脂ぎっているでしょう。クイズ!○○○を考えて下さい。

 

政治に関しては芸能界よりも面白いです。本当にバカげた世界ですよ。政治家一人にあれだけの税金を使っている。そんな税金を年金、生活保護(これも問題があるのですが)母子家庭など学費の無償化に回したらと、相談を受ける度に思います。

 

まあ!後数年オリンピック以降、万博がみものですね。日本の皇室も新天皇で絶えるか?

極親しい政治家には面白おかしく話していますが、私の理想的な人類の生き方、必ずやそうなるだろうというものは分かっています。要するに地球人としての「原点回帰」です。

 

私など生まれついた陰陽師として役割に対し実に力不足であることを嘆きます。

月のミステリーが12月から2月、それが身体物事にいろいろ出ますね。

訪れるものが訪れたという衰運期のミステリー月(12月~2月)である。

この時期にはインフルエンザなど若いうちは単なる風邪か?と耐えうる体力があるので見過ごして3カ月が終わってしまうという傾向に成りがちです。

 

でも私のような年齢になるとやはりドカッときます。今回のように右足の痛みは堪えますね。

こんな時は仕事でもとんだミスをするものです。

 

この時期はミステリー月というのを、忘れていても「おや!右足が痛むし食も細くなったな?、ウエストが細くなった(日頃の股関節体操、スワット等などやっているからなのか)事が気になっている。

 

実は余り調子がよくない。それは長く生きていると、現象として表れる箇所の病の質で気付くのである。

要するに胃酸が多く出ているのですが(汚い表現ですが歯が磨いても磨き切れないようなスッキリしない感覚がある)それで分かるのです。勿論そんな時は瞑想で当体患部の細胞集団とコンタクトしますが、私の脆弱な意思が勝ってしまうんですが。

 

このまま体重が落ちるようですと検査を受けようかと思っています。今回、リコーOB会、同窓会などに出席して見ると癌で亡くなった方、癌からの生還された方などをみていると余りにも身近過ぎて恐ろしくなっています。

 

恐怖ばかりではありません。私は元来いい加減で、ズボラなところがあります。

自分にも甘いそんな人間が占いで人を助けている。誠に天の「配剤」を絶妙というのかむしろ「何故!」という気持ちの方が強い。

 

天の配剤とは「天はそれぞれに、あらゆる物事を丁度よく配分する。丁度いいように動かしている」そうなんだと私自身も納得しているが、異次元からの指導を受けている身として否やもない。むしろ驚きです。

 

今日はある相談者に己の自己顕示欲を言うのか、それを陰陽師たる立場を微妙に超えてしまった。

 

陰陽師としてはこの自己顕示欲が最もあってはならないことなのである。

それは私の勿論、自己顕示欲ならではなのですが、その方が肩が凝り、それも並みの痛さではない。ありとあらゆる手段を講じたが治らない。それで私の所へ来た。

 

私は最も嫌う相談であった。それは除霊という行為をしなくてはならないのだが、一時的には出来てもご本人がそうした霊を又受け入れるだけの要素がある。それを解決しなければ完全な除霊にはならない。よくマスコミで誤解を受けるのはそういった一時的な除霊でかえって悪くなってしまった事を話題にする。

 

除霊という一時的な陰陽師としての自己顕示は出来るがその人を思うと違うんですね。(私はそこが世間の占い師とは違うという矜持があるのです)

 

私は除霊が嫌いなのはこの人の人格にまで及ぶ指導をしなくてはならない。その時間と労力、エネルギーが割に合わない。気の毒ですが関わる私の説明に納得してもらわないとならないのです。

 

それも数日、数カ月、数年とその霊によっては掛かるのでお金もかなりかかります。

肩凝り、腰痛の殆どはそういった霊の存在です。

長崎からくる不動産業のご夫婦は肩懲り、腰痛は先祖が原因で未だに年数回上京して私の指導を受けています。

 

先祖と言えば、例えば殆どの方が先祖、仏壇の扱いが間違っています。私は「墓」は重要視しません。毎日の祈りの仏壇です。仏壇は浄土真宗では御内仏とか、これは家庭用品として扱われています。この意味分かりますか?身近ということの。

 

仏壇って 何?

仏壇には二つの意味があります。ひとつ目は「仏様をお祀りする家の小さなお寺」、ふたつ目は「ご先祖様のお家」ということです。

日本では、仏教が伝わるより以前から、家の「魂棚」という棚でご先祖様の霊をお祀りする祖霊信仰をしていました。仏教が日本の祖霊信仰と融合して、後に仏壇で両方を祀るようになりました。 ※仏教伝来538年(522年の説もあります。)

 

ですから、家で毎日祈ることが最も重要なのです。お盆に墓参りしても毎日の仏壇に対しては正式な方法(正当な儀式もあるんです)では祈っていません。(心からではなく、習慣化しています。墓参りは自己満足に極みです。それで済んだと思う。その曖昧さが矛盾です。それよりも毎日が大切です)

 

勿論、整体的には私のように骨盤のズレ等もありますが、それの根本原因は間違った生き方に問題があります(考え方、食生活など生活習慣)。そうだからそうなるのです。

 

アメリカ、ノースカロライナのKさん仏壇などは用意すればそれにこしたことはないですが、御先祖と御両親、兄弟の健康と穏やかな生活を営むように祈ることを考えて下さい。

 

あなたの周りに起こることその支えとなるのは私ではないのです。ご先祖、親兄弟なのです。人の為に祈ることそれは自分の周りの花いっぱいの砦を築く事なんです。

 

何故、花か?家の周りに花を一杯植えている人は「花の精」に守られています。その力は凄いんですよ。植木を大事にする人はそれだけで守られています。

 

花に話がそれましたが、写真でも良いですから、毎日、お茶と供物を一か所そうした場所を設けて下さい。そうればあなたの身の回りの起こる災いは軽減されます。

 

その後を心配しています。お元気で又12月の暦をお送りします。

 

 

オリンピック以降は怖い世の中になりそうですね。

足に痛みも満更ではない。月のミステリーが12月から2月まで、とうとうそんな三カ月が始まる。

 

それを怖れなしているのはその三カ月内に必ず病気、怪我、仕事上のトラブル等など起こっている。一番は数年前のインフルエンザかな。服用をしたタミフルでは幻覚が生じました。

 

それだけではないのですが、右足の痛みもそうですが、私に何かを教えようとしているのでしょう。「年相応の考え方、行動をせよ!」ということでしょうか。

 

確かに吉方取りで歩いていると育ったこの地域を改めて見つめる機会になった。変化を実感していますが、凄いですね。変化に驚いています。

 

でも育った場所ならではの記憶にある古い道を辿るのも、右足の痛みからの楽しみの一つになりました。

 

そんな体調ですので以前よりは料理をする意欲が失われつつあります。

要するに面倒臭くなってしまったのですが、冷蔵庫や食材の棚をみると結構、工夫をすればオカズには困らない。

 

今晩も意欲に欠け、サバの味噌缶があった。さて!それに味気のない弁当となるとしっかりした味が恋しい。

 

「サバの味噌煮缶で玉子とじ」を今まではそれをご飯に載せて丼ぶりにしていましたが、今回はオカズで。

 

サバ缶が最近健康ブームで人気。スーパーでも良く売れているそうです。

まずは玉ねぎを酒、醤油、砂糖を弱火で火を通す。

 

卵を溶いて回し入れ、蓋をして蒸らす。ただそれだけです。紅ショウガや海苔を載せても美味しそうです。私は見た目に拘ります。

 

結構買い物をしなくても工夫をすれば何とかなるものです。ただ酒がないのは困りますね。

 

サワーが一本(500ミリ)しかなく、焼酎のお茶割りで我慢しました。

 

突然、30年以上のお付き合いの不動産業の方が大口の取引の相談が持ち込まれました。

その方は不動産業(数社に関わっている)としては最初からのお付き合いで、不思議なのは最初は私は余りにも大口なので中国人のKさんというかなりな有名な占い師を紹介しました。

 

当時は私も大口過ぎるのでそのKさんに、相談料は2時間で30万円です。

 

それでも当時の私にとっては素晴らしい尊敬する方でした。

今の私は不動産関係では相当な相談料を頂きますが、それでも30万円は10年以上前ですよ。

そのKさんに私の才能を見いだされたと言っても良いのです(実家にも出入りされていました)

 

それでもその不動産業の方にとっては問題ない相談料なのでしょうね。

 

私などは選挙が身近になると忙しくなる程度(事務所の開設など方位の相談)ですが、そろそろそんな時期だと感じています。

 

政治に絡むようになると兎角、世界の話にもなります。北朝鮮もトランプが攻撃寸前でしたが、その件に触れるのはタブーなので止めときます。

 

今はトランプ以後の相談もありますが、実は恐ろしくて第3次大戦お絡み人類存亡にも関わるので軽はずみには言えません。

 

たかが、市井に生きる陰陽師に過ぎませんので、救世主でもない存在では感じたままの表現はとても危険です。私の生きている間は世紀末現象はないでしょう。

 

ただこんな天上からの声をどう思いますか?「人がいるから、人は生きられる」と。どんな意味でしょうか。瞑想中の囁きでした。

吉方取りで右足の痛みが徐々に緩和されている。

今日は忙しい日でした。

仕事で忙しいと言えないのが残念!でも仕事からの帰り、今日の動きの傾向が分かっていたのそのような動きをした。

 

でもどうしてもゴルフレッスンだけは抜けない。身体を動かさないと生活のリズムが狂ってしまう。

 

分単位でした。それが仕事の打ち合わせをゴルフのレッスンが終わってからする事になっている。

それは私の後輩のデザイン事務所での打ち合わせ。

その後輩に差し上げるパンを焼き、上がるのを待つがレッスン時間ぎりぎり、それから10分で予約時間に到着する。

 

パンを焼いたのはその後輩の女性に仕事を頂いているので私流のお歳暮というところでしょうか。でもそれがとても有効的なのである。パンの効果は絶大、本当に喜ぶんです。

 

今日は南(レッスンの蒲田は南、それも天道”天に通じる日)、こんなに急ぐのは私の性分では滅多にないこと。他人と待ち合わせも15分前に、仕事でもその場所には5分前に到着は当たり前。

 

パンが焼き上がり、家から蒲田へそれが南の吉方であり、天道であったので不思議ですね。

いつもの私にしては自転車を飛ばすが、信号が青ばかり、蒲田に今までの最短10分間で到着しました。踏切もチンチン!と音がしましたが、踏切に到着と同時に開くという、吉方であり、天道とはそんな強い勢いを感じました。凄いですね。

 

おまけにいつも金曜日、私の後にレッスンを受けている女性(上品な奥様風、際立っているのは容姿端麗、ファッションセンスがブランド品を着ているがそれが前面に出ない。自分をよく知っている色彩。目的に合った組み合わせ)と又お会いした。

 

このバランスの取れたファッションを出来る人は「心」のバランスも良い。

何処かのお金持ちの奥様でしょうが、実に知的でもある。なかなかできないことです。

 

私などはファッションが商売の一部とはいえ、自我が前面に出てしまい「何でこんな服を買ってしまったのであろうか?」と思うような時が度々である。

 

それだけファッションというのは気持ちが出やすいものである。

 

実力、力のない者ほど服飾(格好に)に頼りがちである。自分を良く見せようと意識が勝ってしまうのである。私などいつも自我が強いのと力不足の劣等感が兎角ファッションに出やすい。

 

明日は西が吉方である。足の痛みが吉方取りで和らいだので池上梅園へ行ってこようと思っている。

 

ゴルフの話ですが、私はウッドはヤマハを使っていますが、最近トーナメントでヤマハの男女とも契約プロが優勝しています。それで良く行くショップでは良く売れているそうです。

アイアンはダンロップゼクシオです。パターは最近プロギアのセンターシャフトです。

 

常に良いクラブが無いかと、今まではウッドは一本だけダンロップのゼクシオのユーティリティ8番(5番アイアン相当)と使っていました。それを使うことで際立ってシャフトの違いと良さを実感しました。

 

それでドライバ―をゼクシオをと、ネットで検討していましがが、ヤマハですよ。

迷いますね。でもたかがネットで写真をみているだけで夢を広げ描くのは楽しいものです。

 

クラブってシャフトですね。最近プロの間でウッドのヘッドが小さくなる傾向にあるそうです。その方が緊張感を持って打てるそうで、私は納得しますね。

 

それとミズノで7番ユーティリティのシャフトの長さでドライバー、3番、5番勿論7番が好調な売れ行きらしいですよ。

 

それもドライバーは当然短いですよね。飛ぶ距離は同じだそうで、尚且つ打ちやすいらしいそうです。面白いですね。

 

アメリカのプロで物理学者でもあるデシャンポー(既に新人で5勝しています)はアイアンが全て7番アイアンのシャフトの長さ(今後クラブメーカーが検討しているようです)になっているそうで、ポールも学者らしく実験で真円はブリジストンだそうで使用しています。その影響でタイガーウッズも。

 

因みに私はボールは昔からブリジストンです。クラブも好きなのですが、ご縁が無いのです。

改めて吉方取りの磁場の力を知りました。

皆さんに吉方取りをして、良く質の良い磁場を吸収ししてください。と暦を送っていますね。

 

お恥ずかしい話ですが、私自身がこの吉方取りの原点に戻って改めて学びました。

 

そのきっかけは右足の痛みからです。それで現実を見せつけられたものが生活の変化です。

 

ゴルフスイングを良いと思うものを直ぐに取り入れる。それによる単なる筋肉痛(以前にもあったので)と思い込んでいた。

 

そうかもしれないが(骨盤のズレで右足が1センチ短くなっていた)恐らくスイングを変えたことによる骨盤のズレ、又は股関節を分かっていた。

 

それが原点というのは、右足の痛みを緩和したいので「そうだ!相談者に吉方取りを薦めているのに」という自身に対して疑問を呈した。

 

一昨日、南西、池上梅園(画家、伊東深水の屋敷跡)に吉方取り、丁度一時間三千歩、びっこを引きながら、自分の思い出の地を歩みながらやっと家にたどり着きました。

 

昨日は南、卒業をした小学校を目標に吉方取り、二千五百歩。

 

今日は南、三千百歩、実は吉方取りって、凄いですね。日に日に痛みが緩和し、昨日からそれを実感しましたが、仕事での疲れで仮眠し南へ。今日はあるお寺を目標に。

 

そこで自販機で暑かったのでソーダの効いたジュースを飲む(その場で飲むと吉方に来たことになる)

そこで飲みほした空き缶を捨てるところを探してましたら「ここですよ!」と声かけをしてくれた方と世間話し。

 

まさに年寄り同士の健康の話、私には縁のない世界と思っていたが、そんな年寄り同士が労わり合っている自分がいた。

 

そうしてお互い励まし合い、家路へ、すると自分の幾分びっこ気味に歩く姿を客観的に見えて来た。

自分がそうした年寄りをみていた時、現役を引退し、年金生活者そんな方が杖と付いて散歩しているのは全く他人ごとを思っていた。自分がそうなるとは全く思っていない。

 

ところが自分のそうして姿を今、その姿ではないか。何と己の姿に現実を見せられた。

 

相談者の皆さん!皆さんに偉そうに吉方取りを薦めましたが、実感、まさにそれを痛みが和らいだことを体感しました。

 

改めて吉方取りを励行してください。

言い訳をすれば私はこうして毎日相談を受け、人助けをしています。それが精神の浄化を意味し、勿論吉方取りをしていますが、正直手抜きでした。

 

それと介護の世界から縁を切らないのもそうした精神の浄化を意味します。

未だに土・日曜日は知的障害者のお婆さんをお世話して15年間ですが、それで満足していたきらいがあります。

 

いけませんね。手抜きでした。吉方取りという良質で私などはビリビリを感じる磁場を受け入れることの大切さを改めて体感しました。

 

有難いです。右足の痛みが和らぎました。まだ右足が踏ん張れないのです。

 

因みに方位ですが、東西南北はやはり方位の範囲(幅)が狭いので磁場は強いですね。

南西とか、北西とかは方位範囲広いので磁場は弱いですね。

 

改めて吉方取りでその場でゆっくりしているとパワー、ビリビリ感が違います。(普段はファミレスとか、喫茶店で過ごすが、公園などで缶ジュースや持ってきたコーヒーでも良い)

 

明日は南西が吉方です。痛みが又和らぐ事を考えると行ってきます。

ルフレッスンは南で方位が悪いんです。方位除けをしなければなりません。方位除けを教えますね。

貴景勝の優勝を占う。

f:id:bunsanjp:20181125200700j:plain

<良い四股名(しこな)ですね。私は姓名判断は信じないのですが、この名には”光”がある)そして観相ですが福相である。下半身が良い。

 

 

貴景勝光信

たかけいしょう みつのぶ

大相撲力士

貴景勝 光信は、兵庫県芦屋市出身で、千賀ノ浦部屋所属の現役大相撲力士。本名は佐藤 貴信。身長175cm、体重170kg、血液型はO型。得意手は突き、押し。最高位は東小結。好物は肉、寿司。嫌いなものはハンバーグ。趣味は寝ること。

生年月日: 1996年8月5日 (年齢 22歳)

生まれ: 兵庫県 芦屋市

身長: 175 cm

体重: 170 ㎏

 

千賀ノ浦部屋

所在地  東京都台東区橋場1-16-5

 

貴乃花部屋

東京都江東区東砂4丁目7-6 貴乃花部屋

 

敢えて住所を気にしたのは、貴乃花部屋千賀ノ浦部屋へ移ってからの優勝というのにとても興味があった。私的には当然なのだが貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋は「北」です。

 

◆基本的には

堅実で温かく優しい人柄。表裏なく誠実、但し取り越し苦労や迷い易い面がある。

律儀、真面目。融通が効かない。

 

◆病気は

内臓、皮膚病、婦人科系。

 

◆二つの星が見えます。

一つ目は多趣味、多才、財運の星。流動的な財産。金銭の出入り、人との交流活発。じっとしているのが苦手。商業やマスコミ関係がよい。他人の財が入ってくる。(正当な収入ではなく)転がり込む。棚母田。

二つの文字が浮かびます。家内(恐らく家庭的なのでしょう)長寿(読んで字の如し)

 

◆総じて

「致役」とします。この大地が全てのものを養い育てる作用をいいます。つまり生育させるための努力をいいます。

人間の働きでいいますと、身体をもって休みなく働き、努力することが特性です。

 

地役(致役)・勤勉・誠実 自分自身が身体を使役(働かせる)して、他のために誠意をつくすことです。 布施(他人に施す)の心です。吉方位として用いると、無償の努力(地役)を起こします。 

 

「大地」であり、大地が全てのものを養い育てる作用を言います。

「順がう」という意味から、「従順」「素直」が本来の形です。

「古い」ということから、人物では老人となり、陰ということでお婆さんを意味します。

その他古い友人、古い事件、古い病気などを意味します。

 

「生産」するところ技術、工芸なども意味します。生産されたものを販売する営業を意味します。

 

右手を意味し、器用さなども意味します。

「蔵する」しまい込んでいる状態を意味します(ケチにならないように)

 

◆運勢及び性格

特長として、一生を通じて大きな波はありません。不変運と言われます。どちらかと言えば42歳以降にチャンスやよい運を掴めるきっかけの波が生じますので、この時期を大切にしなければなりません。

土星であり、地球を意味し大地でもあります。全てを受け入れる包容力があります。

・人に一生懸命尽くしますが、目立ちません。

・保守的で優柔不断であり、決断力に乏しい面があります。

・兎角人を頼るところがあり、相手はいなければ安心できず一人で行動を起そうとはしません。

・表面は大人しそうに見えますが、芯が強い人です。執念深いところがあります。

・内心は温和で親切です。しかし偏屈で気ままなところがあり、人を軽視し意地悪い態度をとる時があります。

・人から聞いたものを再生産することは上手です。

・聞いたこと、見たことを腹の中にしまっておけません。

・正直ですが疑り深いところがあります。

・何事でも自分の手元から出ていくことに対しては、物惜しみをするようにケチで欲深いところがあります。

 

◆運の良い人

・何事も綿密で、一旦やり出したことは中途で止めてしまうことがありません。

・社長のようにトップに立つよりも副社長などの参謀格に徹する方が、本来の才能を十分に発揮できます。

・人には逆らわず素直な人、大人しく従順でコツコツと実行する努力をします。

・母親的な性格で目立ちませんが人の為によく尽くします。

・大欲があり、腰が低く商売熱心で粘り強い性格です。計画性があって、今は得にはならないと判っても五年後、十年先のことを考えて仕事をします。

・大柄で太っていて、気の優しい人は運が強いものがあります。

・女性は良妻賢母で派手な付き合いを嫌い遠慮がちです。ユーモアの不足で面白みに欠けますが、安心して家庭を任せられます。

 

ミステリー方位     西、南西

ミステリー年回り    未、申、酉

ミステリー月7月~9月

ミステリーとは全て凶ということです。

 

この仕事(鑑定)が愉しいには有名人の鑑定は結果が分かっているのでそれを確認する意味で自分の鑑定の確認をするのです。

 

面白いですね。見て下さい。年回りが未、申、酉で恐らく昨年来、貴乃花部屋は混乱していましたね。それが衰運期(俗に言う天中殺、大殺界)の時期が暴力事件があり、混乱していました。

 

それが衰運期ならではです。それは貴景勝は年回りで衰運期を過ぎ上昇期に入っています。今年、戌年、月でも10月から上昇期になっています。

 

当然の結果と言えばそれまでですが不思議ですね。

 

部屋を移ったのも上昇期でましてや「北」は貴景勝にとって吉方位なのです。北が年回りの子が在位しています。但し一歩誤ると危険な星がありますが、それは早い話が、相性が悪くて喧嘩をするけれど、喧嘩をしても相手をやっつける方か、やっつけられる方か、という…ちょっと下世話な話…。相撲取りならではの鑑定です。

 

当然、勝負の世界はこうしたことが多うにして有り勝ちでそれを乗り越え勝ちとったと言えるのでしょう。